刊行物詳細

平成22年12月の新刊紹介

2010年12月10日

角川文化振興財団 編集・製作

 

◆山崎冨美子全句集 

 

秋櫻子に学んだ著者の、40余年の作 句活動の軌跡を明かす全句集。
第一句集『足音』に初期作品137句を加え定本とし、未刊の句集『燁(よう)』も収録。
巻末に季語索引を付す。
 

 

 

 

 

「私はことし卒寿を迎えた。暗い時代の荒波をもろに被った不運な世代であるが、俳句と出会い、水原先生を筆頭に、最高ともいえる師友に恵まれたことは、実人生の不幸を補って余りあるものがあったと思う。」
「燁」主宰 山崎冨美子(やまさき ふみこ)

 

●本書の内容
『定本 足音』昭和42年―同59年
『低音』昭和59年―平成元年
『 燁 』平成2年―同22年
解説:「馬醉木」伝統の美意識の継承 河野真
略年譜
季語索引(50音順)

●栞=古舘曹人 ●装丁=伊藤鑛治
●四六判・上製・函入り・396頁・口絵1丁