角川俳句賞
角川俳句賞は、俳壇に清新な風を吹き込む才能の発掘を目的として、昭和30年、角川書店により創設されました。以来、「俳壇の芥川賞」と称され、俳句に志を持つ人々に等しく目標とされ続けています。毎年、未発表作品50句の応募作品を対象に受賞作を決定。50余年の歴史を経て、現在は角川文化振興財団主催のもとに、俳壇で最も権威のある新人賞として高い評価を得ています。締切は5月31日、授賞の決定は8月、『俳句』11月号誌上にて受賞作品、受賞のことば、選考経過等を掲載、賞の贈呈式は1月に開催しています。
第60回 角川俳句賞 作品募集応募規定
選考委員
高野ムツオ/仁平 勝/正木ゆう子/小澤 實
募集作品
未発表作品50句

●B4判400字詰原稿用紙を使用してください。
●ワープロ原稿の場合は、B4判無罫用紙を
  20行取りとし、大きめの明朝体を使用してください。
●原稿冒頭に作品の表題(全体を要約するタイトル)と作者名を
  明記してください。
●別紙に次の項目を記して同封してください。
  (1)表題
  (2)俳号・本名・生年月日・年齢・性別
  (3)郵便番号・住所・電話番号
  (4)略歴(師系・俳歴・受賞歴・所属結社等)
  (5)現在の所属結社
  (6)職業
●50句中に既発表作品、二重投句があれば無効となります。
  (既発表作品には新聞、雑誌、結社誌、同人誌、句会報のほか、
  ホームページ、ブログ等に掲載された作品も含まれます)
●原稿の訂正、返却には応じられません。
  受賞作品の雑誌掲載権は主催者(角川文化振興財団)に帰属します。

締切
平成28年5月31日(当日消印有効)
選考方法
編集部の予選を経た候補作品を無記名で印刷し、
選考委員の合議により決定します。
賞
賞状、記念品ならびに副賞30万円
発表
『俳句』平成28年11月号(10月25日発売)誌上
(受賞作品のほか、予選通過作品の中から数篇を候補作品として掲載します)
発送先
〒102-0071 東京都千代田区富士見1-12-15
  角川文化振興財団『俳句』編集部
※封筒には必ず「角川俳句賞応募作品」と朱書きしてください。
※個人情報は、受賞者への通知のほかに、個人を識別できない形で
  統計資料作成に利用させていただきます。
選考委員
(敬称略)

高野ムツオ
高野ムツオ
「小熊座」主宰
(昭和22年生)

仁平 勝
仁平 勝
「件」同人
(昭和24年生)

正木ゆう子
正木ゆう子
「紫薇」同人
(昭和27年生)

小澤 實
小澤 實
「澤」主宰
(昭和31年生)
角川俳句賞 歴代受賞者
回数
年度
受賞者名
受賞作品名
第61回
平成27年
遠藤由樹子
単純なひかり
第60回
平成26年
柘植史子
エンドロール
第59回
平成25年
清水良郎
風のにほひ
第58回
平成24年
広渡敬雄
間取図
第57回
平成23年
永瀬十悟
ふくしま
第56回
平成22年
望月 周
春雷
山口優夢
投函
第55回
平成21年
相子智恵
萵苣
第54回
平成20年
安倍真理子
第53回
平成19年
津川絵理子
春の猫
第52回
平成18年
千々和恵美子
鯛の笛
第51回
平成17年
原 雅子
夏が来る
第50回
平成16年
仲 寒蝉
小海線
第49回
平成15年
馬場龍吉
色鳥
第48回
平成14年
加藤静夫
百人力
第47回
平成13年
桑原立生
寒の水
第46回
平成12年
高畑浩平
父の故郷
第45回
平成11年
須藤常央
富士遠近
第44回
平成10年
依光陽子
朗朗
第43回
平成9年
若井新一
早苗饗
高千夏子
真中
第42回
平成8年
山本一歩
第41回
平成7年
市堀玉宗
雪安居
第40回
平成6年
阿部静雄
雪曼陀羅
早野和子
運河
黛まどか
B面の夏(奨励賞)
第39回
平成5年
松本ヤチヨ
第38回
平成4年
寺島ただし
浦里
藤野 武
山峡
奥名春江
寒木
第37回
平成3年
柚木紀子
嘆きの壁
第36回
平成2年
北村 保
寒鯉
第35回
平成元年
岩田由美
怪我の子
第34回
昭和63年
鶴田玲子
鶴居村
第33回
昭和62年
林 佑子
昆布刈村
辻恵美子
鵜の唄
第32回
昭和61年
淵脇 護
火山地帯
駒走鷹志
青い蝦夷
河村静香
海鳴り
第31回
昭和60年
千田一路
海女の島
浅野如水
津軽雪譜
第30回
昭和59年
木内彰志
春の雁
大石悦子
遊ぶ子の
第29回
昭和58年
秋篠光広
鳥影
菅原鬨也
立春
第28回
昭和57年
稲富義明
かささぎ
田中裕明
童子の夢
第27回
昭和56年
該当者なし
第26回
昭和55年
摂津よしこ
夏鴨
後藤綾子
片々
第25回
昭和54年
金子のぼる
佐渡の冬
第24回
昭和53年
加藤憲曠
鮫角燈台
第23回
昭和52年
小熊一人
海漂林
児玉輝代
段戸山村
第22回
昭和51年
伊藤通明
白桃
第21回
昭和50年
黒木野雨
北陲羈旅
宮田正和
伊賀雑唱
第20回
昭和49年
米田一穂
酸か湯
民井とおる
大和れんぞ
第19回
昭和48年
山崎和賀流
奥羽山系
第18回
昭和47年
鈴木栄子(現、鈴木榮子)
鳥獣戯画
第17回
昭和46年
横溝養三
杣の部落
第16回
昭和45年
佐藤南山寺
虹仰ぐ
第15回
昭和44年
辺見京子(現、邊見京子)
壺屋の唄
第14回
昭和43年
山田みづえ
梶の花
第13回
昭和42年
秋山卓三
旱天
第12回
昭和41年
木附沢麦青
陸奥の冬
第11回
昭和40年
該当者なし
第10回
昭和39年
江見 渉
一重帯
山口英二
古書守り
第9回
昭和38年
大内登志子
聖狂院抄
第8回
昭和37年
鈴木正治
奢る雹
松林朝蒼
紙漉く谿
第7回
昭和36年
川辺きぬ子
しこづま抄
柴崎左田男
窯守の唄
第6回
昭和35年
磯貝碧蹄館
与へられたる現在に
第5回
昭和34年
安立恭彦
東京ぐらし
村上しゆら
北辺有情
第4回
昭和33年
村越化石
山間
第3回
昭和32年
岸田稚魚
佐渡行
第2回
昭和31年
沖田佐久子
冬の虹
第1回
昭和30年
鬼頭文子(後、小池文子に改称)
つばな野
▲ページTOPへ