お知らせ詳細

【決定のお知らせ】第31回角川源義賞・第7回角川財団学芸賞

2009年10月06日

第31回角川源義賞 [歴史研究部門/文学研究部門]・第7回角川財団学芸賞は、次のように受賞が決定いたしました。

第31回 角川源義賞 [歴史研究部門]
坂野潤治氏 『日本憲政史』
(東京大学出版会刊)
◇選考委員:石上英一・黒田日出男・高村直助・脇田修 (敬称略/50音順)

第31回 角川源義賞 [文学研究部門]
大谷雅夫氏 『歌と詩のあいだ──和漢比較文学論攷』
(岩波書店刊)
◇選考委員:久保田淳・鈴木日出男・中野三敏・芳賀徹 (敬称略/50音順)

第7回 角川財団学芸賞
上野誠氏 『魂の古代学──問いつづける折口信夫』
(新潮社刊)
◇選考委員:鹿島茂・姜尚中・福原義春・山折哲雄 (敬称略/50音順)

【受賞者略歴】
坂野潤治(ばんの じゅんじ)氏
1937年(昭和12年)、神奈川県生まれ。
東京大学大学院人文科学研究科近代日本政治史専攻博士課程中退。
千葉大学人文学部助教授、お茶の水女子大学助教授、東京大学社会科学研究所助教授・教授、千葉大学法経学部教授を経て、現在、東京大学名誉教授。
著書に、『明治憲法体制の確立』(東京大学出版会)、『大正政変』(ミネルヴァ書房)、『昭和史の決定的瞬間』(筑摩書房)、『明治デモクラシー』(岩波書店)など。
1997年、『近代日本の国家構想 1871―1936』(岩波書店)により、吉野作造賞受賞。

大谷雅夫(おおたに まさお)氏
1951年(昭和26年)、大阪府生まれ。
京都大学大学院文学研究科国語国文学専攻博士課程修了。
現在、京都大学文学部教授。
主な著作として、校注・編著に、『日本詩史 五山堂詩話』 『萬葉集1-4』(ともに共校注、新日本古典文学大系、岩波書店)、『漢詩文集』(共校注、新日本古典文学大系 明治編)など。

上野誠(うえの まこと)氏
1960年(昭和35年)、福岡県生まれ。
國學院大學大学院文学研究科日本文学専攻博士課程単位取得満期退学。
現在、奈良大学文学部教授、奈良県立万葉文化館万葉古代学研究所副所長。博士(文学)。
主な著書に、『芸能伝承の民俗誌的研究』(世界思想社)、『万葉体感紀行―飛鳥・藤原・平城の三都物語』(小学館)、『大和三山の古代』(講談社)など。
1992年、第12回日本民俗学会研究奨励賞受賞。
1998年、『古代日本の文芸空間』(雄山閣出版)により、第15回上代文学会賞受賞。

両賞とも、贈呈式・祝賀会は、平成21年12月7日(月曜日)午後5時より、東京會舘(東京・丸の内)にて行ないます。