お知らせ詳細

【贈呈式】第46回蛇笏賞・迢空賞

2012年06月23日

平成24年6月15日、東京・飯田橋、東京大神宮マツヤサロンにおいて、第46回蛇笏賞・迢空賞の贈呈式を行いました。
当日、蛇笏賞の澁谷道氏は入院中のため、代理で弟さんの澁谷盛興氏が、また、迢空賞の渡辺松男氏は重い病を押して、ご家族に付き添われてご出席くださいました。
贈呈式では、角川理事長より賞の贈呈があり、つづいて各賞の選考委員を代表して、蛇笏賞は有馬朗人氏、迢空賞は岡野弘彦氏が選評を述べられました。

最後の、受賞者によるスピーチでは、蛇笏賞は盛興氏が、弟から見た「姉・澁谷道」について、子供のころのエピソードをまじえて語られ、迢空賞は、渡辺氏が書かれた文章をご長女が代読。しずかな澄んだ声にのせて語られた「一瞬一瞬、垂直の時間を生きている」という氏の言葉に会場は胸を打たれました。

写真は、受賞者・受賞者親族を中心に、選考委員及び財団理事の諸氏。(選考委員・理事の敬称略)

前列左より、岡野弘彦、渡辺氏ご親族、渡辺松男氏、澁谷盛興氏、有馬朗人。2列目左より、馬場あき子、岡井隆、佐佐木幸綱、角川歴彦理事長、金子兜太、宇多喜代子、片山由美子。
右上、澁谷道氏。

 

受賞作はこちら