お知らせ詳細

角川源義賞・角川財団学芸賞 選考会開催のお知らせ

2012年09月14日

弊財団主催の「角川源義賞」「角川財団学芸賞」の選考委員会開催日程をお知らせいたします。


第34回 角川源義賞 選考委員会
〔文学研究部門〕
日時:平成24年10月3日(水曜日)午後5時より
選考委員:久保田淳  鈴木日出男  中野三敏  芳賀 徹(敬称略/50音順)


〔歴史研究部門〕
日時:平成24年10月9日(火曜日)午後6時より
選考委員:石上英一  黒田日出男  高村直助  脇田 修(敬称略/50音順)


会場:〔文学〕〔歴史〕両部門とも、東京會舘(東京・丸の内)


第 10 回 角川財団学芸賞 選考委員会
日時:平成24年10月1日(月曜日)午後5時より
選考委員:鹿島 茂  姜 尚 中  福原義春  山折哲雄(敬称略/50音順)

会場:東京會舘(東京・丸の内)


*「第10回 角川財団学芸賞」候補作は、下記の6著作です。(著者50音順)

(1)太田昌克 氏『日米「核密約」の全貌』(筑摩書房刊)
(2)桜井英治 氏『贈与の歴史学 ―儀礼と経済のあいだ』(中央公論新社刊)
(3)野村典彦 氏『鉄道と旅する身体の近代 ―民謡・伝説からディスカヴァー・ジャパンへ』(青弓社刊)
(4)橋口侯之介 氏『和本への招待 ―日本人と書物の歴史』(角川学芸出版刊)
(5)福間良明 氏『焦土の記憶 ―沖縄・広島・長崎に映る戦後』(新曜社刊)
(6)與那覇潤 氏『中国化する日本 ―日中「文明の衝突」一千年史』(文藝春秋刊)


◆選考結果は、角川源義賞〔文学〕〔歴史〕両部門、ならびに角川財団学芸賞の3賞をまとめて、10月10日(水曜日)にお知らせいたします。