お知らせ詳細

「大学短歌バトル2015 ――学生短歌会対抗 超歌合」開催のお知らせ

2015年02月18日

大学短歌連盟主催、角川文化振興財団後援の「大学短歌バトル2015」が、3月1日に開催されます。
予選を勝ち抜いた8大学の短歌会が伝統文化競技「歌合(うたあわせ)」でその腕を競う模様を、ニコニコ動画で生中継(13:00~ )いたします。

-----------------------------------
3/1(日) 13:00~
【平成によみがえる歌合】 大学短歌バトル2015
http://live.nicovideo.jp/watch/lv211267401 
(※ニコニコ動画のページにジャンプします)
-----------------------------------

みなさま、ぜひご覧ください。


日時/会場:2015年3月1日(日)13:00~ / 角川第3本社ビル内
*会場での観戦は、受付けしておりません。


特別ゲスト(敬称略):佐佐木幸綱、穂村 弘(判者)、小島ゆかり、小島なお、岩内敏行(司会)

出場大学(トーナメント形式):早稲田短歌会VS大阪大学短歌会
               立命館大学短歌会VS北海道大学短歌会
               象短歌会(日本大学)VS神戸大学短歌会
               東北大学短歌会VS京大短歌会


表彰:優勝大学=10万円、ゲストによる豪華色紙
   準優勝大学=3万円
   最優秀方人・念人=各1万円


主催:大学短歌連盟
後援:一般財団法人 角川文化振興財団
株式会社 KADOKAWA 角川学芸出版BC『短歌』編集部 @kadokawa_tanka
現代歌人協会/日本歌人クラブ


【歌合とは】
チームを左右にわけ、一番ごとに歌を詠みあい優劣を争う競技及び文芸批評の会。
判者(はんじゃ)=審判 
方人(かたうど)=歌を提出する者
念人(おもいびと)=自陣の歌を褒め、敵陣の歌の欠点を指摘して議論を有利に導く者


【ルール】
予選通過8チームによるトーナメント制
・1チーム3人が対面で座る。
・各チーム方人1人が、お題に沿った歌を1首ずつ詠む。
・各チーム念人1人が、自分のチームの歌を援護し、相手チームの歌を批判する。
・判者による判詞(判定のことば)。