お知らせ詳細

【贈呈式】第38回角川源義賞・第14回角川財団学芸賞・第3回城山三郎賞

2016年12月16日

平成28年12月6日、東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにおいて、第38回角川源義賞・第14回角川財団学芸賞・第3回城山三郎賞の贈呈式を開催いたしました。
はじめに、弊財団理事・有馬朗人が開会の挨拶を行い、角川理事長より各賞の受賞者へ、賞状・記念品および副賞100万円が贈呈されました。
つづいて、選評を、角川源義賞[文学研究部門]が揖斐高、同賞[歴史研究部門]が高村直助氏、角川財団学芸賞が山折哲雄氏、城山三郎賞が魚住昭氏が、それぞれ選考委員を代表して受賞作について述べました。
最後に、川平敏文氏(角川源義賞[文学研究部門])、塩出浩之氏(角川源義賞[歴史研究部門])、山本聡美(角川財団学芸賞)、辺見庸氏と北野慶氏(城山三郎賞)の5名の受賞者がスピーチを行い、ことしの贈呈式が終了いたしました。

第38回角川源義賞受賞作についてはこちら、第14回角川財団学芸賞についてはこちら、第3回城山三郎賞についてはこちらを、ご覧ください。

 

第38回角川源義賞受賞作についてはこちら、第14回角川財団学芸賞についてはこちら、第3回城山三郎賞についてはこちらを、ご覧ください。


写真は、受賞者と選考委員、弊財団理事長。(選考委員敬称略)前列左より、北野慶氏、辺見庸氏、角川理事長、川平敏文氏、塩出浩之氏、山本聡美氏。

2列目左より、魚住昭、佐藤優、高村直助、山折哲雄、片山善博、石上英一、三浦佑之。

3列目左より、原岡文子、松岡正剛、黒田日出男、斎藤美奈子、安藤宏、揖斐高、藤井讓治。