お知らせ詳細

【贈呈式】第62回角川短歌賞・角川俳句賞贈呈式

2017年02月17日

平成29年1月19日、丸の内のパレスホテル東京において、第62回角川短歌賞・角川俳句賞贈呈式および賀詞交換会を開催いたしました。

 

第62回 角川短歌賞   ──選考委員:小池光・島田修三・米川千嘉子・東 直子(敬称略)

佐佐木定綱 氏『魚は机を濡らす』(50首)

昭和61年、東京都生まれ。「心の花」所属。

竹中優子 氏『輪をつくる』(50首)

昭和57年、山口県生まれ。「福岡歌会(仮)」「未来」所属。

 

第62回 角川俳句賞  ──選考委員:高野ムツオ・仁平 勝・正木ゆう子・小澤 實(敬称略)

松野苑子 氏『遠き船』(50句)

昭和22年、山口県生まれ。「好日」「坂」「鷹」を経て、現在「街」所属。

 

贈呈式では、角川理事長より各賞の受賞者へ、賞状・記念品および副賞30万円が贈呈されました。次に各賞の選考委員を代表して、短歌賞は島田修三氏、俳句賞は高野ムツオ氏が選評を述べました。

最後に受賞の三名――佐佐木定綱氏、竹中優子氏(角川短歌賞)、松野苑子氏(角川俳句賞)がスピーチを行い、贈呈式は終了となりました。

また、角川短歌大賞・角川俳句大賞の受賞者への贈呈が、式の冒頭で行われました。

贈呈式終了後は、毎年恒例の賀詞交換会が行われ、歌人・俳人の皆様方と新年を祝ぎました。

 

今年度、第63回角川短歌賞・角川俳句賞の作品募集も始まりました。皆様からの投稿を心よりお待ちしております。

第63回角川短歌賞の募集についてはこちら、第63回角川俳句賞の募集についてはこちらをご覧ください。

 

写真は、受賞者を中心に、選考委員諸氏と財団理事長。

前列左より、宍戸健司専務理事、島田修三氏、竹中優子氏、佐佐木定綱氏、松野苑子氏、高野ムツオ氏、角川歴彦理事長。

後列左より、小池光氏、米川千嘉子氏、東直子氏、仁平勝氏、小澤實氏。


 

角川短歌賞受賞の佐佐木氏、竹中氏と選考委員

 

角川俳句賞受賞の松野氏と選考委員

 

 角川全国短歌大賞受賞の小林理央氏、志稲祐子氏、清水ゆん氏、萩原慎一郎氏と「短歌」編集長・石川一郎、財団専務理事・宍戸

 

角川全国俳句大賞受賞の牛飼瑞栄氏、石橋康徳氏、斎藤三津雄氏、宮澤光氏と「俳句」編集長・白井奈津子、財団専務理事・宍戸

 

賀詞交換会の様子

 

賀詞交換会にて、パネル展示や書籍展示の様子