お知らせ詳細

【決定のお知らせ】第52回迢空賞

2018年03月29日

第52回迢空賞は、2018年3月28日にホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)において選考委員会を行い、下記の通り受賞作が決定いたしました。
選考委員選評など詳細は、5月25日発売の『短歌』6月号(角川文化振興財団発行;KADOKAWA発売)に掲載の予定です。


第52回迢空賞

三枝浩樹

歌集『時禱集』(2017年2月角川文化振興財団刊)


 

◇選考委員
岡野弘彦・佐佐木幸綱・高野公彦・馬場あき子(敬称略/50音順)

◇贈呈式
2018年6月29日(金曜日)午後5時より

「第52回蛇笏賞贈呈式」と併せて開催いたします。

◇表彰
賞状・記念品ならびに副賞100万円

 

◇受賞者略歴
三枝浩樹(さいぐさ ひろき)
1946年10月17日、山梨県生まれ。
五人兄弟の五男。歌人で文芸評論家の三枝昂之は四兄。高校時代、歌誌「沃野」にて植松寿樹に学ぶ。1967年、法政短歌会を結成、同人誌「風車(ふうしゃ)」を創刊。1969年、同人誌「反措定」創刊に参加。1978年、馬場あき子主宰の「かりん」に入会。その後、福島泰樹主宰の季刊誌「月光」を経て、1992年、三枝昂之、今野寿美らと歌誌「りとむ」を創刊。2003年、「なまよみの歌人懇話会」を発足、代表世話人。2009年、「沃野」に復帰し代表となる。
2016年、第52回短歌研究賞(「二〇一五年夏物語」)。2017年、第22回若山牧水賞(『時禱集』)。
歌集に、『朝の歌』『銀の驟雨』『世界に献ずる二百の祈祷』『みどりの揺籃』『歩行者』。

 

選考会終了後、記者会見に臨む選考委員諸氏。
(東京・飯田橋 ホテルメトロポリタンエドモントにて)