お知らせ詳細

【決定のお知らせ】第53回蛇笏賞

2019年03月29日

第53回蛇笏賞は、2019年3月28日にかぐら坂 志満金(東京・飯田橋)において選考委員会を行い、下記の通り受賞作が決定いたしました。

選考委員選評など詳細は、5月25日発売の『俳句』6月号(角川文化振興財団発行;KADOKAWA発売)に掲載の予定です。


第53回蛇笏賞

大牧 広 氏

句集『朝の森』(2018年11月 ふらんす堂刊)



◇選考委員

片山由美子・高野ムツオ・高橋睦郎・長谷川 櫂(敬称略/50音順)

◇贈呈式

2019年6月28日(金曜日)午後5時より

ホテルメトロポリタンエドモンド(東京・飯田橋)にて

「第53回迢空賞贈呈式」と併せて開催いたします。

◇表彰

賞状・記念品ならびに副賞100万円


◇受賞者略歴

大牧 広(おおまき ひろし)

1931年4月12日、東京生まれ。

1965年「馬酔木」「鶴」に入会。1970年「沖」に入会し、能村登四郎、林翔に師事。1989年「港」を創刊、主宰。現代俳句協会名誉会員、国際俳句交流協会会員、日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会会員。

1972年、沖新人賞。1983年、沖賞。2009年、第64回現代俳句協会賞。2015年、第30回詩歌文学館賞、第4回与謝蕪村賞、第3回俳句四季特別賞(句集『正眼』)。2016年、第15回山本健吉賞。2018年、文學の森特別賞(エッセイ集『俳句・その地平』)。

句集に、『父寂び』『某日』『午後』『昭和一桁』『風の突堤』『冬の駅』『大森海岸』『正眼』『地平』ほか。

著書に、『いのちうれしき』『俳句・その地平』『自句自解IIベスト100大牧広』ほか。

 

選考委員諸氏。(かぐら坂 志満金にて)