お知らせ詳細

【決定のお知らせ】第54回蛇笏賞

2020年04月20日

第54回蛇笏賞は、2020年4月17日に新型コロナウィルス感染予防対策としてインターネット(Skype)を介したテレビ会議にて開催し、下記の通り受賞作が決定いたしました。

選考委員選評など詳細は、5月25日発売の『俳句』6月号(角川文化振興財団発行;KADOKAWA発売)に掲載の予定です。


第54回蛇笏賞

柿本多映 氏

句集『柿本多映俳句集成』(2019年3月 深夜叢書社刊)



◇選考委員

片山由美子・高野ムツオ・高橋睦郎・長谷川 櫂(敬称略/50音順)

◇贈呈式

2020年6月26日(金曜日)午後1時から、ホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)にて「第54回迢空賞贈呈式」と併せて開催する予定ですが、中止または延期する場合は、決まり次第お知らせいたします。

◇表彰

賞状・記念品ならびに副賞100万円


◇受賞者略歴

柿本多映(かきもと たえ)氏

1928年、滋賀県生まれ。

実家は寺院の園城寺(三井寺)。京都女子専門学校(現・京都女子大学)卒業。当初は短歌に携わるが、1951年の結婚を機に作歌から遠ざかる。1976年、西部大津教室にて句作を開始。1977年、赤尾兜子の『渦』入会。1981年に兜子が没してのちは橋■(門に月)石、桂信子に師事。『草苑』『白燕』『犀』同人を経て、現在は無所属。現代俳句協会名誉会員、日本ペンクラブ会員、日本現代詩歌文学館評議員。

1988年、第35回現代俳句協会賞。2014年、第29回詩歌文学館賞。

句集に、『夢谷』『蝶日』『花石』『白體』『肅祭』『仮生』ほか。

著書に、『時の襞から』『季の時空へ』など。

 

  

TV会議にて選考中の委員諸氏。