お知らせ詳細

「第4回 大学短歌バトル2018」──早稲田短歌会が優勝

2018年03月13日

 

3月3日(土)、「第4回 大学短歌バトル2018 ―学生短歌会対抗 超歌合」の本選が行われ、早稲田短歌会が優勝しました。なお、最優秀方人には加瀬はるさんが、そして、最優秀念人は久永草太さんが選ばれました。本選の結果は、下記の通りです。(☆=勝ち)
【第1回戦】判者:小島なお、穂村 弘、栗木京子
宮商短歌会 VS ☆岡山大学短歌会
☆立命短歌会 VS 東北大学短歌会
北海道大学短歌会 VS ☆早稲田短歌会
☆象短歌会(日本大学) VS 九大宮大短歌会連合
【準決勝戦】判者:小島なお、穂村 弘、栗木京子
☆岡山大学短歌会 VS 立命短歌
☆早稲田短歌会 VS 象短歌会(日本大学)
【決勝戦】判者:小島なお、穂村 弘、栗木京子
先鋒 題「ラフレシア」
☆早稲田短歌会:紺野 藍/「ラフレシアから生まれたの。」とささやいて ユイカ、わたしの小指を食べる
岡山大学短歌会:加瀬はる/ラフレシアに寄生されたる木の心地 肩こりと息を分けあい暮らす
中堅 題「櫛」
岡山大学短歌会:長谷川麟/朝になる空しかなくて櫛の歯をおまえの指はなめらかにはじく
☆早稲田短歌会:染川噤実/二人でつかう櫛を買いましょう 毛並みを似せて群れになりましょう
→二対〇で早稲田短歌会の優勝。
【最優秀方人】加瀬はる(岡山大学短歌会) 
蠅の眼を内から見上げているようなプラネタリウムに星の涼しさ
【最優秀念人】久永草太(九大宮大短歌会連合)
【エキシビションマッチ】 お題「鬼」 / 判者:佐佐木幸綱
   早稲田短歌会 VS ☆判者チーム
先鋒
早稲田短歌会:染川噤実/人間のごとく淫らに生きて生きて鬼へと還る浴槽のなか
☆判者チーム:栗木京子/若き鬼老いたる鬼の面ならび春の画廊は森のしづけさ
中堅
判者チーム:小島なお/海中にふかく陽の差す三月の鬼糸巻鱏(オニイトマキエイ)ひし形の影
☆早稲田短歌会:紺野 藍/「振り向くと全てが止まって気づいたの、ユイカが鬼の番だったって」
大将
早稲田短歌会:阿部圭吾/鬼が棲む、つまりは鬼が死ぬ洞のまわりにずっとまく花の種
☆判者チーム:穂村 弘/鬼太郎の目玉おやじが真夜中にさまよっているピアノの上を
3月3日(土)、「第4回 大学短歌バトル2018 ―学生短歌会対抗 超歌合」の本選が行われ、早稲田短歌会が優勝しました。なお、最優秀方人には加瀬はるさんが、そして、最優秀念人は久永草太さんが選ばれました。本選の結果は、下記の通りです。(☆=勝ち)

【第1回戦】判者:小島なお、穂村 弘、栗木京子
宮商短歌会 VS ☆岡山大学短歌会
☆立命短歌会 VS 東北大学短歌会
北海道大学短歌会 VS ☆早稲田短歌会
☆象短歌会(日本大学) VS 九大宮大短歌会連合

【準決勝戦】判者:小島なお、穂村 弘、栗木京子
☆岡山大学短歌会 VS 立命短歌
☆早稲田短歌会 VS 象短歌会(日本大学)

【決勝戦】判者:小島なお、穂村 弘、栗木京子
岡山大学短歌会 VS ☆早稲田短歌会
先鋒 題「ラフレシア」
☆早稲田短歌会:紺野 藍/「ラフレシアから生まれたの。」とささやいて ユイカ、わたしの小指を食べる
岡山大学短歌会:加瀬はる/ラフレシアに寄生されたる木の心地 肩こりと息を分けあい暮らす
中堅 題「櫛」
岡山大学短歌会:長谷川麟/朝になる空しかなくて櫛の歯をおまえの指はなめらかにはじく
☆早稲田短歌会:染川噤実/二人でつかう櫛を買いましょう 毛並みを似せて群れになりましょう
【最優秀方人】加瀬はる(岡山大学短歌会) 
蠅の眼を内から見上げているようなプラネタリウムに星の涼しさ

【最優秀念人】久永草太(九大宮大短歌会連合)

【エキシビションマッチ】 お題「鬼」 / 判者:佐佐木幸綱
   早稲田短歌会 VS ☆判者チーム
先鋒
早稲田短歌会:染川噤実/人間のごとく淫らに生きて生きて鬼へと還る浴槽のなか
☆判者チーム:栗木京子/若き鬼老いたる鬼の面ならび春の画廊は森のしづけさ
中堅
判者チーム:小島なお/海中にふかく陽の差す三月の鬼糸巻鱏(オニイトマキエイ)ひし形の影
☆早稲田短歌会:紺野 藍/「振り向くと全てが止まって気づいたの、ユイカが鬼の番だったって」
大将
早稲田短歌会:阿部圭吾/鬼が棲む、つまりは鬼が死ぬ洞のまわりにずっとまく花の種
☆判者チーム:穂村 弘/鬼太郎の目玉おやじが真夜中にさまよっているピアノの上を

判者(小島なおさん、佐佐木幸綱さん、栗木京子さん、穂村弘さん)と出場者の皆さん

優勝の早稲田短歌会(阿部圭吾さん、染川噤実さん、紺野藍さん)

「第4回大学短歌バトル2018――学生短歌会対抗 超歌合」開催のお知らせ

2018年02月16日

「第4回 大学短歌バトル2018──学生短歌会対抗 超歌合」を、2018年3月3日(土)13~17時に開催します。
           
平安時代から始まる伝統の「歌合」で大学生歌人が歌の力を競い合う!

予選を勝ち抜いた各大学短歌会が、日本の伝統文芸競技「歌合(うたあわせ)」でその腕を競い合う模様を、ニコニコ動画で生中継(13:00~)します。
ネット動画のフットワークの軽さを生かし、従来の短歌番組のような堅苦しさのない、新時代の短歌イベントです。


【歌合とは】
チームを左右にわけ、一番ごとに歌を詠みあい優劣を争う遊び及び文芸批評の会。
------------------------------------------------------------------------------

開催概要
●開催日:2018年3月3日(土)13時開始。
「ニコニコ生放送」
http://live.nicovideo.jp/gate/lv311336371
(※ニコニコ動画のページにジャンプします)
●会場:「神楽座」(東京・飯田橋、KADOKAWA富士見ビル)

※場内観覧(無料、定員150名)を受付けます。
観覧希望の方は2月23日(金)までにハガキかメールにて申し込みください。
宛名横(ハガキ)または件名(メール)に「観覧希望」とご記入の上、
住所・氏名・年齢・同伴者を明記の上、以下の宛先まで申し込みください。
・ハガキ:〒102-0071 東京都千代田区富士見1-12-15
角川文化振興財団「大学短歌バトル」事務局
・メール:tankabattle@gmail.com
●出場:岡山大学短歌会、九大宮大短歌会連合、象短歌会(日本大学)、東北大学短歌会、北海道大学短歌会、宮商短歌会、立命短歌会、早稲田短歌会
●判者:栗木京子、穂村弘、小島なお
●賞金:優勝大学=賞状・副賞10万円/準優勝大学=賞状・副賞3万円
最優秀方人・念人=賞状・副賞1万円
●主催:角川文化振興財団
●協賛:現代歌人協会、日本歌人クラブ、日本短歌協会、現代歌人集会
●後援:日本短歌雑誌連盟、関西短歌雑誌連盟
●協力:DWANGO


●お問い合わせ先:
角川文化振興財団 大学短歌バトル実行委員会
広報:松田真実(『短歌』編集部)

連続シンポジウム(全3回)          「激動する世界と宗教 ―私たちの現在地―」開催のお知らせ

2018年01月29日

テロ、排外主義、中東情勢の激動、先端科学の急速な発展、揺らぐ死生観───
私たちの社会を取り巻く「宗教」「思想」の現実とはどのようなものか。

それらといかに向き合うべきなのか。
宗教の論理や各国の制度を探求し、それぞれの「思想」を把握することの重要性を訴えてきた第一線の研究者・識者が一堂に会して議論する大型企画最終章。ぜひお立会いください。


全回共通登壇者

池上 彰(ジャーナリスト。名城大学教授。東京工業大学特命教授ほか。)

佐藤 優 (作家。元外務省主任分析官。同志社大学神学部客員教授。)

松岡正剛(編集工学研究所所長。イシス編集学校校長。日本文化研究の第一人者)

 

第3回 宗教と生命(いのち)

開催場所:有楽町朝日ホール(千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11F)

開催日:2018年3月21日(水・祝)/お申し込み受付開始:2月8日(木)朝10時(予定)

開催時間:13時〜17時40分(予定)/開場12時

参加費(税込):一般3000円 学生2500円

募集人数:各回600名(申し込み先着順)

 

 

お問い合わせ:
宗教シンポジウム事務局 03-5565-3464
(平日10時〜17時 8月14〜16日、12月28日?1月4日を除く)
主催:角川文化振興財団 共催:朝日新聞社/KADOKAWA

お問い合わせ:

宗教シンポジウム事務局 03-5565-3464

(平日10時〜17時

主催:角川文化振興財団 共催:朝日新聞社/KADOKAWA

 

★詳細およびお申し込みは:公式サイト をご覧ください。

「角川源義生誕100年記念 特別講演」事前予約受付終了

2017年10月24日

2017年10月30日に角川源義生誕100年を記念して開催されます特別講演(事前予約制)は、満席のため予約受付を終了させていただきました。ご理解とご了承を賜りますようお願い申し上げます。
多数のお申込み、まことにありがとうございました。


「角川源義生誕100年記念 特別講演」についてはこちらをご覧ください。

「角川源義生誕100年記念 特別講演」(事前予約制)開催のお知らせ

2017年09月25日

角川源義生誕100年を記念して、特別講演を開催します。
事業家の本領を超えて、学者、俳人としても旺盛な活動を続けた源義の独創性と今日的意義を、「学問」「俳句」「出版」の三部構成で検証します。


◆日時:2017年10月30日(月) 午後6時30分〜8時30分
◆会場:神楽座(東京都千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA富士見ビル1階)
◆参加費:無料  定員100名(事前予約制)
◆申込み:10月2日(月)午前10時より受付開始(平日:午前10時〜午後6時)
TEL03-5211-5155(角川文化振興財団)まで
*【満員御礼】講演会の予約受付は終了いたしました。ご了承ください。
◆主催:カドカワ株式会社
◆共催:一般財団法人 角川文化振興財団


【講演内容】
I「学問」―「悲劇文学の発生」の読み方  三浦佑之(日本文学者、千葉大学名誉教授)
源義の記念碑的論文「悲劇文学の発生」をわかりやすく読み解き、研究の今日的な意義を探り、神話と伝承の歴史的意味に迫ります。
参考図書:『悲劇文学の発生・まぼろしの豪族和邇氏』(角川ソフィア文庫)
II「俳句」―『おくのほそ道』と源義の俳句  高野ムツオ(俳人、「子熊座」主宰)
松島、出羽三山など『おくのほそ道』に縁のある土地に何度も足を運び、源義は「不易流行」の精神を学びました。『おくのほそ道』の文学的魅力と源義の俳句世界について考察します。
III「出版」―学究の徒から出版の道への決断  角川歴彦
研究者の道をめざした源義ですが、第二大次戦敗戦後、日本の荒廃を目にして出版を志します。卓越した企画力と粘り強さで、昭和史に残る出版物を世に送り出した出版人としての独創性について語ります。