お知らせ詳細

「第3回 大学短歌バトル2017」──岡山大学短歌会が優勝

2017年03月07日

3月4日(土)、「第3回 大学短歌バトル2017 ―学生短歌会対抗 超歌合」の本選が行われ、岡山大学短歌会が優勝しました。なお、最優秀方人には山田成海さんが、そして、最優秀念人は渡邉暉生さんが選ばれました。本選の結果は、下記の通りです。(☆=勝ち)


【第1回戦】判者:栗木京子、穂村 弘、小島なお

☆大阪大学短歌会 VS 九州大学短歌会

早稲田短歌会 VS ☆神戸大学短歌会

外大短歌会(東京外国語大学)VS ☆北海道大学短歌会

☆岡山大学短歌会 VS 國學院・二松學舍大學連合


【準決勝】判者:栗木京子、穂村 弘、小島なお

☆大阪大学短歌会 VS 神戸大学短歌会

北海道大学短歌会 VS ☆岡山大学短歌会


【決勝戦】判者:栗木京子、穂村 弘、小島なお

大阪大学短歌会 VS ☆岡山大学短歌会

先鋒 題「日」

大阪大学短歌会:あかみ/まっさらな貸出カードを秘めたまま日に焼けていく文学全集

☆岡山大学短歌会:森永理恵/祖父の死を知るよしもなく庭はあり鳩は何度も日を改める

中堅 題「流」

大阪大学短歌会:渡邉瑛介/科学者の臓器は貨物室のなか その熱攫ってゆけ乱流よ

☆岡山大学短歌会:川上まなみ/水面に光はすんと佇んで川は流れを止めないでゐる


【最優秀方人】山田成海(岡山大学短歌会) 

銭湯のシャワーを浴びる友人の背中に来るべき結婚式


【最優秀念人】渡邉暉生(北海道大学短歌会)


【エキシビションマッチ】 題「聖」 / 判者:佐佐木幸綱

   岡山大学短歌会 VS ☆判者チーム

先鋒

岡山大学短歌会:川上まなみ/聖五月讃へる歌よ母親に一人分なる丸き膨らみ

☆判者チーム:小島なお/聖書の表紙青かったこと 雪の日のブレザー燐寸の匂いしたこと

中堅

☆岡山大学短歌会:森永理恵/「ご迷惑おかけします」が点滅しカラーコーンの聖域がある

判者チーム:穂村 弘/冷蔵庫のドアというドアばらばらに開かれている聖なる夜に

大将

岡山大学短歌会:山田成海/どう考えてもきみは聖人走り書きされたさよならさえ美しい

☆判者チーム:栗木京子/雪の夜の聖域ならむチューハイの缶置かれゐる電話ボックス


3月4日(土)、「第3回 大学短歌バトル2017 ―学生短歌会対抗 超歌合」の本選が行われ、岡山大学短歌会が優勝しました。なお、最優秀方人には山田成海さんが、そして、最優秀念人は渡邉暉生さんが選ばれました。本選の結果は、下記の通りです。(☆=勝ち)
【第1回戦】判者:栗木京子、穂村 弘、小島なお
☆大阪大学短歌会 VS 九州大学短歌会
早稲田短歌会 VS ☆神戸大学短歌会
  外大短歌会(東京外国語大学)VS ☆北海道大学短歌会
☆岡山大学短歌会 VS 國學院・二松學舍大學連合
【準決勝】判者:栗木京子、穂村 弘、小島なお
☆大阪大学短歌会 VS 神戸大学短歌会
北海道大学短歌会 VS ☆岡山大学短歌会
【決勝戦】判者:栗木京子、穂村 弘、小島なお
大阪大学短歌会 VS 岡山大学短歌会
先鋒 題「日」
大阪大学短歌会:あかみ/まっさらな貸出カードを秘めたまま日に焼けていく文学全集
☆岡山大学短歌会:森永理恵/祖父の死を知るよしもなく庭はあり鳩は何度も日を改める
中堅 題「流」
大阪大学短歌会:渡邉瑛介/科学者の臓器は貨物室のなか その熱攫ってゆけ乱流よ
☆岡山大学短歌会:川上まなみ/水面に光はすんと佇んで川は流れを止めないでゐる
【最優秀方人】山田成海(岡山大学短歌会) 
銭湯のシャワーを浴びる友人の背中に来るべき結婚式
【最優秀念人】渡邉暉生(北海道大学短歌会)
【エキシビションマッチ】 お題「聖」 / 判者:佐佐木幸綱
   岡山大学短歌会 VS ☆判者チーム
先鋒
岡山大学短歌会:川上まなみ/聖五月讃へる歌よ母親に一人分なる丸き膨らみ
☆判者チーム:小島なお/聖書の表紙青かったこと 雪の日のブレザー燐寸の匂いしたこと
中堅
☆岡山大学短歌会:森永理恵/「ご迷惑おかけします」が点滅しカラーコーンの聖域がある
判者チーム:穂村 弘/冷蔵庫のドアというドアばらばらに開かれている聖なる夜に
大将
岡山大学短歌会:山田成海/どう考えてもきみは聖人走り書きされたさよならさえ美しい
☆判者チーム:栗木京子/雪の夜の聖域ならむチューハイの缶置かれゐる電話ボックス

判者チーム(穂村弘氏、栗木京子氏、小島なお氏)と、優勝の岡山大学短歌会(山田成海さん、川上まなみさん、森永理恵さん)

 

特別判者の佐佐木幸綱氏

「第3回大学短歌バトル2017――学生短歌会対抗 超歌合」開催のお知らせ

2017年02月21日

「第3回 大学短歌バトル2017──学生短歌会対抗 超歌合」を、2017年3月4日(土)に開催します。
           

予選を勝ち抜いた各大学短歌会が、日本の伝統文芸競技「歌合(うたあわせ)」でその腕を競い合う模様を、ニコニコ動画で生中継(13:00~)します。
ネット動画のフットワークの軽さを生かし、従来の短歌番組のような堅苦しさのない、新時代の短歌イベントです。


【歌合とは】
チームを左右にわけ、一番ごとに歌を詠みあい優劣を争う遊び及び文芸批評の会。
------------------------------------------------------------------------------

開催概要
●開催日:2017年3月4日(土)13時開始。
「ニコニコ生放送」
http://ch.nicovideo.jp/kadokawatanka
(※ニコニコ動画のページにジャンプします)
●会場:「神楽座」(東京・飯田橋、KADOKAWA富士見ビル)

※場内観覧(無料、定員150名)を受付けます。
観覧希望の方は2月24日(金)事務局までハガキかメールにて申し込みください。
宛名横(ハガキ)または件名(メール)に「観覧希望」とご記入の上、
住所・氏名・年齢・同伴者を明記の上、以下の宛先まで申し込みください。
・ハガキ:〒102-0071 東京都千代田区富士見1-12-15
角川文化振興財団「大学短歌バトル」事務局
・メール:tankabattle@gmail.com
●出場短歌会:大阪大学短歌会、岡山大学短歌会、外大短歌会(東京外国語大学)、九州大学短歌会、神戸大学短歌会、國學院・二松學舍大學連合、北海道大学短歌会、早稲田短歌会
●判者:栗木京子、穂村弘、小島なお、佐佐木幸綱(特別判者)
●表彰:優勝大学=賞状・副賞10万円/準優勝大学=賞状・副賞3万円
最優秀方人・念人=賞状・副賞1万円
●主催:角川文化振興財団
●後援:現代歌人協会、日本歌人クラブ、現代歌人集会、大分県歌人クラブ、岩手県歌人クラブ中部日本歌人会、和歌山県歌人クラブ、宮崎県歌人協会

●お問い合わせ先
角川文化振興財団 大学短歌バトル実行委員会 広報:小林由季
TEL:03-5215-7821/E-mail:tanka @kadokawa-zaidan.or.jp

「発見・検証 日本の古代」古代史シンポジウム2016 につきまして

2016年07月13日

「発見・検証 日本の古代」

古代史シンポジウム2016は、

おかげさまをもちまして大盛況のうちに終了いたしました。

 

2015年に3回にわたって開催したシンポジウム「発見・検証 日本の古代」では、歴史学・考古学をはじめ多くの研究者が参画し、日本の古代国家形成について、新たな知見と発見と共に白熱した議論が展開されました。邪馬台国、卑弥呼の実像に始まり、騎馬文化の衝撃から古代国家の成立まで、大きな成果がもたらされました。今回、シンポジウムをまとめた書籍シリーズの第 I巻刊行を機に、改めて最前線の研究者による討議を行い、研究の新たな展開に挑戦したいと考えています。

 

主催:角川文化振興財団

共催:朝日新聞社

後援:朝日カルチャーセンター KADOKAWA 紀伊國屋書店

企画構成委員:白石太一郎 鈴木靖民 寺澤薫 森 公章  上野 誠 (総合司会) 

[敬称略]

 

 

日時:2016年7月30日(土)13:00~17:30

会場:紀伊國屋サザンシアター (タカシマヤ タイムズスクエア南館7F)

渋谷区千駄ヶ谷5–242(JR新宿駅新南改札より徒歩5分)


日本国家の起源はどのようなものだったのか?

2015年のシンポジウムの成果をもとに、新たに生まれた謎と今後の展望を徹底討論します。

当日、ご来場者の皆様全員に、書籍版「発見・検証 日本の古代」第 I巻『纒向発見と邪馬台国の全貌―卑弥呼と三角縁神獣鏡』を配布します(チケット代金に含まれます)。


■プログラムおよび登壇者(敬称略)

 

総合司会 上野 誠(奈良大学教授)

第1部「王権と都市と モノの移動が語る」

東 潮(徳島大学名誉教授)、武末純一(福岡大学教授)、寺澤 薫(桜井市纒向学研究センター所長)

 

第2部「人とクニ 古代国家の誕生」

白石太一郎(大阪府立近つ飛鳥博物館館長)、鈴木靖民(横浜市歴史博物館館長)、森 公章(東洋大学教授)

 

第3部「心と言葉 祭祀と言語の起源」

北川和秀(群馬県立女子大学教授)、笹生 衛(國學院大學教授)、田中史生(関東学院大学教授)

 

第4部「古代学の未来 “フミ”と“モノ”の知の結集」

登壇者全員


募集人数:440名(先着順)

 

受講料:3,240円(税込・全席指定) ※「発見・検証 日本の古代」シリーズ第 I巻『纒向発見と邪馬台国の全貌―卑弥呼と三角縁神獣鏡』が含まれます

 

 

写真:「黒塚古墳19号鏡 三角縁銘帯四神四獣鏡」(奈良県立橿原考古学研究所提供、阿南辰秀氏撮影) 「箸墓古墳 航空写真」(桜井市教育委員会提供)

____________________________________

 

福岡、大阪、東京で、のべ2,000人が参加した画期的なシンポジウム「発見・検証 日本の古代」の書籍版が、いよいよ刊行スタート!


最新の研究成果をもとに歴史学と考古学の両分野から日本国家の起源について再検証を行い、新たなる古代史研究のスタンダードを打ち立てた。


発見・検証 日本の古代(全3巻)KADOKAWA刊


 I『纒向発見と邪馬台国の全貌―卑弥呼と三角縁神獣鏡』 7月下旬発売!

定価:本体2,000円+税 ISBN 978-4-04-876390-5


II『騎馬文化と古代のイノベーション』 9月下旬刊行予定

予価:本体2,000円+税 ISBN 978-4-04-876391-2

 

III『前方後円墳の出現と日本国家の起源』10月下旬刊行予定

予価:本体2,000円+税 ISBN 978-4-04-876392-9

「第2回 大学短歌バトル2016」──ここのつ歌会が優勝

2016年03月14日

「第2回 大学短歌バトル2016」――ここのつ歌会が優勝
3月6日(日)、「第2回 大学短歌バトル2016 ―学生短歌会対抗超歌合」の本選が行われ、ここのつ歌会が優勝いたしました。なお、最優秀方人には山田誠久さんが、そして、最優秀念人は瑞田卓翔さんが選ばれました。本選の結果は、下記の通りです。(☆=勝ち)
【第1回戦】判者:小島ゆかり、穂村 弘、小島なお
東北大学短歌会 VS ☆ここのつ歌会(西南学院大学、北九州市立大学、熊本大学連合)
☆神戸大学短歌会VS 早稲田大学短歌会
   ことのは(國學院大學)VS ☆大阪大学短歌会
【準決勝】判者:小島ゆかり、穂村 弘、小島なお
☆ここのつ歌会 VS 神戸大学短歌会
☆大阪大学短歌会 VS 北海道大学短歌会
【決勝戦】判者:小島ゆかり、穂村 弘、小島なお
☆ここのつ歌会 VS 大阪大学短歌会
先鋒 題「安」
☆ここのつ歌会:水本まや/茎わかめたくさんあるし、この部屋でひとりを安心して生きていく
大阪大学短歌会:渡邉瑛介 塾のあと親を待ちつつよじ登る職業安定所前バス停
中堅 題「果」
☆ここのつ歌会:長月優/果物のようだねぼくら傷ついたこころをファミレスに置いてゆく
大阪大学短歌会:佐原キオ/初乗りが百円高いタクシーに最寄りの無花果畑を求む
【最優秀方人】山田誠久(大阪大学短歌会) 
「自分」って「君」って意味やと教えられ夏の通天閣をのぼった
【最優秀念人】瑞田卓翔(東北大学短歌会)
【エキシビジョンマッチ】 お題「結」 / 判者:佐佐木幸綱
ここのつ歌会VS☆ゲスト歌人
先鋒
ここのつ:水本まや/結ぶときあなたが閉ざしていく場所のたとえばストロー袋に触れる
☆ゲスト:小島なお/鵯のやいのやいのと群れ去りし空に数多の結び目が見ゆ
中堅
   ここのつ:長月優/結末を未だ持たない僕たちを乗せて列車は図書館のよう
☆ゲスト:穂村 弘/ひとつとしておなじかたちはないという結晶たちに襲われる夜
大将
☆ここのつ:吉村桃香/生活に祈りは宿る 呼ぶ声に蝶々結びにそしてあなたに
ゲスト:小島ゆかり/母となり祖母となりあそぶ春の日の結んでひらいてもうすぐひぐれ

3月6日(日)、「第2回 大学短歌バトル2016 ―学生短歌会対抗超歌合」の本選が行われ、ここのつ歌会が優勝いたしました。なお、最優秀方人には山田誠久さんが、そして、最優秀念人は瑞田卓翔さんが選ばれました。本選の結果は、下記の通りです。(☆=勝ち)


【第1回戦】判者:小島ゆかり、穂村 弘、小島なお

   東北大学短歌会 VS ☆ここのつ歌会(西南学院大学、北九州市立大学、熊本大学連合)

☆神戸大学短歌会VS 早稲田大学短歌会

   ことのは(國學院大學)VS ☆大阪大学短歌会


【準決勝】判者:小島ゆかり、穂村 弘、小島なお

☆ここのつ歌会 VS 神戸大学短歌会

☆大阪大学短歌会 VS 北海道大学短歌会(1回戦シード)


【決勝戦】判者:小島ゆかり、穂村 弘、小島なお

ここのつ歌会 VS 大阪大学短歌会

先鋒 題「安」

☆ここのつ歌会:水本まや/茎わかめたくさんあるし、この部屋でひとりを安心して生きていく

大阪大学短歌会:渡邉瑛介 塾のあと親を待ちつつよじ登る職業安定所前バス停

中堅 題「果」

☆ここのつ歌会:長月優/果物のようだねぼくら傷ついたこころをファミレスに置いてゆく

   大阪大学短歌会:佐原キオ/初乗りが百円高いタクシーに最寄りの無花果畑を求む


【最優秀方人】山田誠久(大阪大学短歌会) 

「自分」って「君」って意味やと教えられ夏の通天閣をのぼった


【最優秀念人】瑞田卓翔(東北大学短歌会)


【エキシビジョンマッチ】 題「結」 / 判者:佐佐木幸綱

   ここのつ歌会VS☆ゲスト歌人

先鋒

   ここのつ:水本まや/結ぶときあなたが閉ざしていく場所のたとえばストロー袋に触れる

☆ゲスト:小島なお/鵯のやいのやいのと群れ去りし空に数多の結び目が見ゆ

中堅

   ここのつ:長月優/結末を未だ持たない僕たちを乗せて列車は図書館のよう

☆ゲスト:穂村 弘/ひとつとしておなじかたちはないという結晶たちに襲われる夜

大将

☆ここのつ:吉村桃香/生活に祈りは宿る 呼ぶ声に蝶々結びにそしてあなたに

   ゲスト:小島ゆかり/母となり祖母となりあそぶ春の日の結んで開いてもうすぐひぐれ

 

優勝の「ここのつ歌会」の3人(左から、水本まやさん、吉村桃香さん、長月優さん)

 

判者(左から、穂村弘氏、小島ゆかり氏、小島なお氏)

「大学短歌バトル2016――学生短歌会対抗 超歌合」開催のお知らせ

2016年02月24日

「第2回 大学短歌バトル2016 ――学生短歌会対抗 超歌合」開催のお知らせ
大学短歌連盟主催、角川文化振興財団後援の「第2回 大学短歌バトル2016」が、3月6日に開催されます。
予選を勝ち抜いた7大学の短歌会が伝統文化競技「歌合(うたあわせ)」でその腕を競う模様を、ニコニコ動画で生中継(13:00~ )いたします。
-----------------------------------
3/6(日) 13:00~
【平成によみがえる歌合】 第2回 大学短歌バトル2016
http://live.nicovideo.jp/watch/lv253661715 
(※ニコニコ動画のページにジャンプします)
-----------------------------------
みなさま、ぜひご覧ください。

日時/会場:2016年3月6日(日)13:00~ / 角川第3本社ビル内
*会場での観戦は、受付けしておりません。

特別ゲスト(敬称略):佐佐木幸綱、小島ゆかり(判者)、穂村弘(判者)、小島なお(判者)、岩内敏行(司会)
出場大学(トーナメント形式):
東北大学短歌会VSここのつ歌会 (西南学院大学・北九州市立大学・熊本大学連合)
神戸大学短歌会VS早稲田大学短歌会
ことのは(國學院大学)VS大阪大学短歌会
北海道大学短歌会 ★前回優勝シード


表彰:優勝大学=10万円、ゲストによる豪華色紙
   準優勝大学=3万円
   最優秀方人・念人=各1万円

主催:大学短歌連盟
後援:一般財団法人 角川文化振興財団『短歌』編集部 @kadokawa_tanka
現代歌人協会/日本歌人クラブ/高校生万葉短歌バトル2016高岡実行委員会


【歌合とは】
チームを左右にわけ、一番ごとに歌を詠みあい優劣を争う競技及び文芸批評の会。
判者(はんじゃ)=審判 
方人(かたうど)=歌を提出する者
念人(おもいびと)=自陣の歌を褒め、敵陣の歌の欠点を指摘して議論を有利に導く者


【ルール】
予選通過8チームによるトーナメント制
・1チーム3人が対面で座る。
・各チーム方人1人が、題に沿った歌を1首ずつ詠む。
・各チーム念人1人が、自分のチームの歌を援護し、相手チームの歌を批判する。
・判者による判詞(判定のことば)。