お知らせ詳細

【決定のお知らせ】第51回 蛇笏賞

2017年03月31日

第51回蛇笏賞は、2017年3月30日にホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)において選考委員会を行い、下記の通り受賞作(2作品)が決定いたしました。

選考委員選評など詳細は、5月25日発売の『俳句』6月号(角川文化振興財団発行;KADOKAWA発売)に掲載の予定です。


第51回蛇笏賞

 

高橋睦郎 氏

句集『十年』(2016年9月角川文化振興財団刊;KADOKAWA発売)


 

 

正木ゆう子 氏

句集『羽羽』(2016年9月春秋社刊)



◇選考委員

宇多喜代子・片山由美子・齋藤愼爾・長谷川 櫂(敬称略/50音順)

◇贈呈式

2017年6月30日(金曜日)午後5時より

ホテルメトロポリタンエドモンド(東京・飯田橋)

◇表彰

賞状・記念品ならびに副賞100万円(各)


◇受賞者略歴

高橋睦郎(たかはし むつお)

1937年12月15日、福岡県生まれ。

福岡教育大学教育学部卒業。少年時代から自由詩、短歌、俳句、散文を併行して試作。大学卒業後上京し、40代半ばまで広告会社に勤務。74年、句集『舊句帖』の出版を機に安東次男に師事。その後、小説、オペラ台本、新作能、新作狂言、新作浄瑠璃などの創作も加えつつ精力的に芸術活動を続ける。

 1982年、第20回藤村記念暦程賞(詩集『王国の構造』)。1988年、第39回読売文学賞(句歌集『稽古飲食』)、第18回高見順賞(詩集『兎の庭』)。1993年、第11回現代詩歌椿賞(詩集『旅の絵』)。1996年、第11回詩歌文学館賞(長編詩『姉の島』)。2000年、紫綬褒章。2007年、第6回織部賞。2010年、第28回現代詩人賞(詩集『永遠まで』)。2014年、第5回鮎川信夫賞(評論『和音羅読─詩人が讀むラテン文學』)。2017年、第15回現代俳句大賞(『稽古飲食』などの業績)。

句集に、『舊句帖』『荒童鈔』『金澤百句』『稽古』『花行』『百枕』『遊行』。

著書に、評論『私自身のための俳句入門』『自句自解 Iベスト100高橋睦郎』『和音羅読─詩人が讀むラテン文學』詩集『何處へ』『待たな終末』ほか。

 

正木ゆう子(まさき ゆうこ)

1952年6月22日、熊本県生まれ。

 お茶の水女子大学卒業。大学在学中に兄・正木浩一に誘われて「沖」入会。能村登四郎に師事。1996年、澁谷道の「紫薇」に参加。2001年より登四郎の後をついで読売新聞俳壇選者となる。熊本日日新聞俳壇選者。2004年より角川俳句賞選考委員。

2000年、第14回俳人協会評論賞(俳論集『起きて、立って、服を着ること』)。2003年、第53回芸術選奨文部科学大臣賞(句集『静かな水』)。

句集に、『水晶体』『悠 HARUKA』『静かな水』『夏至』。

著書に、『起きて、立って、服を着ること』『現代秀句』『十七音の履歴書─俳句をめぐるヒト、コト、モノ』『ゆうきりんりん─私の俳句作法』『一句悠々─私の愛唱句』など。

 

選考会終了後、記者会見に臨む選考委員諸氏。

(東京・飯田橋 ホテルメトロポリタンエドモントにて)

【決定のお知らせ】第51回 迢空賞

2017年03月29日

第50回迢空賞は、2016年3月24日にホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)において選考委員会を行い、下記の通り受賞作が決定いたしました。
選考委員選評など詳細は、5月25日発売の『短歌』6月号(KADOKAWA刊)に発表の予定です。
第50回迢空賞
大島史洋 氏 歌集『ふくろう』(2015年3月短歌研究社刊)
◇選考委員  岡野弘彦・佐佐木幸綱・高野公彦・馬場あき子(敬称略/50音順)
◇贈 呈 式  2016年6月22日(水曜日)午後5時より
◇表  彰  賞状・記念品ならびに副賞100万円
◇受賞者略歴
大島史洋(おおしま しよう)
1944年7月24日、岐阜県生まれ。本名読み、ふみひろ
歌誌「未来」選者・運営委員長。
慶應義塾大学文学部卒業、早稲田大学大学院国語学専攻修士課程修了。
高校在学中の1960年に未来短歌会に入会し、近藤芳美・岡井隆に師事。小学館に入社し、『日本国語大辞典』『言泉』『大辞泉』などの国語辞典の編纂に携わる。
2003年、第3回山本健吉文学賞[短歌研究部門](歌集『燠火(おきび)』)。2006年、 第42回短歌研究賞(作品「賞味期限」33首)。2007年、第34回日本歌人クラブ賞(歌集『封印』)。2009年、第14回若山牧水賞(歌集『センサーの影』)。
歌集に、『藍を走るべし』『わが心の帆』『炎樹』『時の雫』『四隣(しりん)』『幽明』『燠火』『梅花藻の花』『封印』『センサーの影』『遠く離れて』。
著書に、『定型の力』『定型の方法論』『歌の基盤―短歌と人生と』『アララギの人々』『近藤芳美論』など。

第51回迢空賞は、2017年3月28日にホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)において選考委員会を行い、下記の通り受賞作が決定いたしました。

 選考委員選評など詳細は、5月25日発売の『短歌』6月号(角川文化振興財団発行;KADOKAWA発売)に掲載の予定です。


第51回迢空賞

橋本喜典 氏

歌集行きて帰る』(2016年11月短歌研究社刊)


 

◇選考委員

岡野弘彦・佐佐木幸綱・高野公彦・馬場あき子(敬称略/50音順)

◇贈呈式

2017年6月30日(金曜日)午後5時より

◇表彰

賞状・記念品ならびに副賞100万円


◇受賞者略歴

橋本喜典(はしもと よしのり)

1928年11月11日、東京府(現東京都)生まれ。

歌誌「まひる野」発行編集人。

早稲田大学第一文学部国文学専修卒業後、92年まで早稲田中学校・高等学校教諭。大学在学中は早稲田大学短歌会に参加し、窪田章一郎に師事。後輩の篠弘や来嶋靖生らとともに活動した。篠弘と『まひる野』を創刊し、発行編集人を務める。

1995年、第22回日本歌人クラブ賞(歌集『無冠』)。2004年、 第4回短歌四季大賞(歌集『一己』)。2009年、第24回詩歌文学館賞、第16回短歌新聞社賞(歌集『悲母像』)。2015年、第52回短歌研究賞(歌集『わが歌』)。2017年、第28回齋藤茂吉短歌文学館賞(歌集『行きて帰る』)。

歌集に、『惟の花』『黎樹』『地上の問』『去来』『無冠』『一己』『冬の旅』『悲母像』『な忘れそ』。

著書に、『歌人窪田章一郎 生活と歌』『短歌憧憬 評論とエッセイ』など。

 

選考会終了後、記者会見に臨む選考委員諸氏

(東京・飯田橋 ホテルメトロポリタンエドモントにて)

第51回迢空賞・蛇笏賞選考委員会開催のお知らせ

2017年03月23日

弊財団主催の「迢空賞」「蛇笏賞」の選考委員会開催日程をお知らせいたします。


第51回「迢空賞」選考委員会

選考委員:岡野弘彦  佐佐木幸綱  高野公彦  馬場あき子(敬称略/50音順)
日時:2017年3月28日(火)午後5時より
会場:ホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)


最終候補作(敬称略/著者50音順)
三枝昂之  歌集『それぞれの桜』(現代短歌社)
橋本喜典  歌集『行きて帰る』(短歌研究社)
花山多佳子 歌集『晴れ・風あり』(短歌研究社)
福島泰樹  歌集『哀悼』(皓星社)
吉川宏志  歌集『鳥の見しもの』(本阿弥書店)


 


第51回「蛇笏賞」選考委員会

選考委員:宇多喜代子 片山由美子 齋藤愼爾 長谷川櫂(敬称略/50音順)
日時:2017年3月30日(木)午後5時より
会場:ホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)


最終候補作(敬称略/著者50音順)
茨木和生  句集『熊樫』(東京四季出版)
高橋睦郎  句集『十年』(角川文化振興財団、KADOKAWA発売)
正木ゆう子 句集『羽羽(はは)』(春秋社)
黛  執  句集『春の村』(角川文化振興財団、KADOKAWA発売)
宮坂静生  句集『噴井(ふきい)』(花神社)

 

 
*選考結果は、迢空賞は3月28日以降、蛇笏賞は3月30日以降に、それぞれお知らせいたします。

角川源義賞[歴史研究部門]選考委員交代について

2017年03月01日

弊財団主催の角川源義賞[歴史研究部門]は、このたび新選考委員を迎えました。今年10月開催予定の選考会より、下記委員が選考にあたります。
みなさまには、引き続き本賞へのご理解とご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。


●角川源義賞[歴史研究部門]選考委員(角川源義賞詳細については、こちら

石上英一  黒田日出男  藤井讓治  三谷 博*
(敬称略50音順/*印は新任)

【決定のお知らせ】第11回角川全国俳句大賞・第8回角川全国短歌大賞

2017年02月23日

第11回角川全国俳句大賞・第8回角川全国短歌大賞の各賞が決定いたしました。

●第11回角川全国俳句大賞の結果は、こちらをご覧ください。
●第8回角川全国短歌大賞の結果は、こちらをご覧ください。