お知らせ詳細

【決定のお知らせ】第50回 迢空賞

2016年03月25日

 

第50回迢空賞は、2016年3月24日にホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)において選考委員会を行い、下記の通り受賞作が決定いたしました。
選考委員選評など詳細は、5月25日発売の『短歌』6月号(KADOKAWA刊)に発表の予定です。
第50回迢空賞
大島史洋 氏 歌集『ふくろう』(2015年3月短歌研究社刊)
◇選考委員  岡野弘彦・佐佐木幸綱・高野公彦・馬場あき子(敬称略/50音順)
◇贈 呈 式  2016年6月22日(水曜日)午後5時より
◇表  彰  賞状・記念品ならびに副賞100万円
◇受賞者略歴
大島史洋(おおしま しよう)
1944年7月24日、岐阜県生まれ。本名読み、ふみひろ
歌誌「未来」選者・運営委員長。
慶應義塾大学文学部卒業、早稲田大学大学院国語学専攻修士課程修了。
高校在学中の1960年に未来短歌会に入会し、近藤芳美・岡井隆に師事。小学館に入社し、『日本国語大辞典』『言泉』『大辞泉』などの国語辞典の編纂に携わる。
2003年、第3回山本健吉文学賞[短歌研究部門](歌集『燠火(おきび)』)。2006年、 第42回短歌研究賞(作品「賞味期限」33首)。2007年、第34回日本歌人クラブ賞(歌集『封印』)。2009年、第14回若山牧水賞(歌集『センサーの影』)。
歌集に、『藍を走るべし』『わが心の帆』『炎樹』『時の雫』『四隣(しりん)』『幽明』『燠火』『梅花藻の花』『封印』『センサーの影』『遠く離れて』。
著書に、『定型の力』『定型の方法論』『歌の基盤―短歌と人生と』『アララギの人々』『近藤芳美論』など。

第50回迢空賞は、2016年3月24日にホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)において選考委員会を行い、下記の通り受賞作が決定いたしました。

 選考委員選評など詳細は、5月25日発売の『短歌』6月号(発売:KADOKAWA)に発表の予定です。


第50回迢空賞

大島史洋 氏

歌集ふくろう』(2015年3月短歌研究社刊)


 

◇選考委員

岡野弘彦・佐佐木幸綱・高野公彦・馬場あき子(敬称略/50音順)

◇贈呈式

2016年6月22日(水曜日)午後5時より

◇表彰

賞状・記念品ならびに副賞100万円


◇受賞者略歴

大島史洋(おおしま しよう)

1944年7月24日、岐阜県生まれ。本名読み、ふみひろ

歌誌「未来」選者・運営委員長。

慶應義塾大学文学部卒業、早稲田大学大学院国語学専攻修士課程修了。

高校在学中の1960年に未来短歌会に入会し、近藤芳美・岡井隆に師事。小学館に入社し、『日本国語大辞典』『言泉』『大辞泉』などの国語辞典の編纂に携わる。

2003年、第3回山本健吉文学賞[短歌研究部門](歌集『燠火(おきび)』)。2006年、 第42回短歌研究賞(作品「賞味期限」33首)。2007年、第34回日本歌人クラブ賞(歌集『封印』)。2009年、第14回若山牧水賞(歌集『センサーの影』)。

歌集に、『藍を走るべし』『わが心の帆』『炎樹』『時の雫』『四隣(しりん)』『幽明』『燠火』『梅花藻の花』『封印』『センサーの影』『遠く離れて』。

著書に、『定型の力』『定型の方法論』『歌の基盤―短歌と人生と』『アララギの人々』『近藤芳美論』など。

 

選考会終了後、記者会見に臨む選考委員諸氏

(東京・飯田橋 ホテルメトロポリタンエドモントにて)

【決定のお知らせ】第50回 蛇笏賞

2016年03月23日

第50回蛇笏賞は、2016年3月22日にホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)において選考委員会を行い、下記の通り受賞作が決定いたしました。
選考委員選評など詳細は、5月25日発売の『俳句』6月号(発売:KADOKAWA)に発表の予定です。


第50回蛇笏賞
矢島渚男 氏

句集冬青集
 (とうせいしゅう)(2015年9月ふらんす堂刊)



◇選考委員
宇多喜代子・片山由美子・齋藤愼爾・長谷川 櫂(敬称略/50音順)
◇贈呈式
2016年6月22日(水曜日)午後5時より

ホテルメトロポリタンエドモンド(東京・飯田橋)
◇表彰
賞状・記念品ならびに副賞100万円


◇受賞者略歴
矢島渚男(やじま なぎさお)
1935年1月24日、長野県生まれ。
東京大学文学部國史科卒業。長野県内で高校の歴史教師を長く務める。
1957年、「鶴」に入会し、石田波郷に師事。波郷没後「寒雷」に移り、加藤楸邨に師事。森澄雄・相馬遷子に兄事。1991年、「梟」を創刊、現在に至る。読売新聞俳壇選者。
2003年、第3回俳句四季大賞(句集『延年』)。2008年、平成19年度(第58回)芸術選奨文部科学大臣賞(句集『百済野』)。
句集に、『矢島渚男句集』『天衣』『梟』『船のやうに』『梟のうた』『翼の上に』『延年』『百済野』ほか。
著書に、『蕪村の周辺』『白雄の秀句』『俳句の明日へ I~II』『与謝蕪村散策』『身辺の記 III』ほか。

 

選考会終了後、記者会見に臨む選考委員諸氏

(東京・飯田橋 ホテルメトロポリタンエドモントにて)

第50回蛇笏賞・迢空賞選考委員会開催のお知らせ

2016年03月10日

弊財団主催の「蛇笏賞」「迢空賞」の選考委員会開催日程をお知らせいたします。


第50回「蛇笏賞」選考委員会

選考委員:宇多喜代子 片山由美子 齋藤愼爾 長谷川櫂(敬称略/50音順)
日時:2016年3月22日(火)午後5時より
会場:ホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)


最終候補作(敬称略/著者50音順)
石牟礼道子 全句集『泣きなが原』(藤原書店)※「天」以外は未刊行
茨木和生  句集『真鳥』(KADOKAWA)
坪内稔典  句集『ヤツとオレ』(KADOKAWA)
矢島渚男  句集『冬青集』(ふらんす堂)


 

 
第50回「迢空賞」選考委員会

選考委員:岡野弘彦  佐佐木幸綱  高野公彦  馬場あき子(敬称略/50音順)
日時:2016年3月24日(木)午後5時より
会場:ホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)


最終候補作(敬称略/著者50音順)
大島史洋  歌集『ふくろう』(短歌研究社)
春日真木子 歌集『水の夢』(KADOKAWA)
外塚 喬  歌集『山鳩』(柊書房)
内藤 明  歌集『虚空の橋』(短歌研究社)
水原紫苑  歌集『光儀(すがた)』(砂子屋書房)


*選考結果は、蛇笏賞は3月22日以降、迢空賞は3月24日以降に、それぞれお知らせいたします。

角川源義賞[文学研究部門]選考委員交代について

2016年02月02日

弊財団主催の角川源義賞[文学研究部門]は、このたび新選考委員を迎えました。
今年10月開催予定の選考会より、下記委員が選考にあたります。
みなさまには、引き続きご理解とご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。


●角川源義賞[文学研究部門] (角川源義賞についてはこちら


安藤 宏  揖斐 高  原岡文子  三浦佑之*


(敬称略/50音順/*印は新任)

【贈呈式】第37回角川源義賞・第13回角川財団学芸賞・第2回城山三郎賞

2016年01月08日

平成27年12月8日、東京・飯田橋、ホテルメトロポリタンエドモントにおいて、第37回角川源義賞、第13回角川財団学芸賞、第2回城山三郎賞の贈呈式を開催いたしました。弊財団理事・有馬朗人による開会の挨拶に始まり、角川理事長が受賞者へ賞の贈呈を行いました。(角川源義賞[文学研究部門]は、該当作なし)

つづいて、各賞の選考委員を代表して、藤井讓治氏(角川源義賞[歴史研究部門])、松岡正剛氏(角川団学芸賞)、片山善博氏(城山三郎賞)の3委員が、受賞作について選評を述べ、最後に、高埜利彦氏(角川源義賞[歴史研究部門])、安藤礼二氏(角川財団学芸賞)、瀬木比呂志氏(城山三郎賞)が、それぞれ受賞のスピーチを行い、ことしの贈呈式が終了いたしました。


第37回角川源義賞受賞作についてはこちら、第13回角川財団学芸賞についてはこちら、第2回城山三郎賞についてはこちらを、ご覧ください。

 

写真は、受賞者と選考委員、弊財団理事長。(選考委員敬称略)前列左より、片山善博、久保田淳、瀬木比呂志氏、角川理事長、高埜利彦氏、安藤礼二氏、山折哲雄。

2列目左より、魚住昭、斎藤美奈子、高村直助、黒田日出男、藤井讓治、松岡正剛、鹿島茂。

3列目左より、原岡文子、佐藤優、安藤宏、揖斐高、石上英一。