ごあいさつ

2007年、95歳で没した高山辰雄氏は、生きることの豊饒と不条理を、硬質の叙情を湛えた筆致で描き、新しい高みを求める試みを生涯続けた画家でした。

日本画を真に現代的な表現手法として生まれかわらせた巨匠の、代表的作品を揃えた角川コレクションをこの機会にご堪能ください。


人と作品

高山辰雄(たかやま たつお)


1912年6月26日、大分市生まれ。

36年、東京美術学校日本画科を首席卒業。在学中から松岡映丘に師事。

46年、49年に日展特選、独自の幻想的な画風が評価される。

以降、日本芸術院賞、芸術選奨文部大臣賞、日本芸術大賞等を受賞。82年、文化勲章受章。

87年から13年間「文藝春秋」表紙絵の原画を制作。

97年から98年、『立原正秋全集 新訂版』(角川書店)の全25巻を装画によって彩る。

99年、六曲一双の屏風「投華―密教に入る」を高野山真言宗総本山金剛峯寺に奉納。

2007年9月14日、没。


期間・会場

2012年6月2日(土)〜6月30日(土) ※日曜休館

開館時間:10:00〜16:30 ※入館は16:00まで

観覧料:500円
(中学生以下無料)

会場:角川本社ビル 1F・2F 〒102-8177 東京都千代田区富士見2-13-3 Google Maps »


■ JR(総武線)飯田橋駅 西口より徒歩5分
■ 地下鉄(東西線・有楽町線・南北線・大江戸線)飯田橋駅
 B2a出口より徒歩7分 A4出口より徒歩8分


ギャラリートーク

毎回15:00〜16:00 ナビゲーター:野地耕一郎

※申し込み不要、要特別展観覧券

  • 6月9日(土) ゲスト:那須勝哉(日本画家、日展監事)
  • 6月16日(土) ゲスト:土屋禮一(日本画家、日本藝術院会員)
  • 6月23日(土) ゲスト:高山由紀子(脚本家、高山辰雄長女)

主催・お問い合わせ

主催:財団法人 角川文化振興財団

協賛:株式会社 角川グループホールディングス

総合プロデューサー:野地耕一郎

問い合わせ先:TEL.03-5211-5155