財団概要

事業内容

「わが国文化の振興に寄与する」という財団の設立目的実現のために、当財団では、文芸の成果に対する授賞、文芸に関する出版、文芸の研究や著述の刊行への助成、映画芸術振興に関する助成、また文芸・映画資料の収集・保存・展示等、以下のような事業を行っております。

1.文芸資料の収集、保存展示

早くより、角川源義の蔵書約3万冊を保存してきましたが、平成3年1月、東京・文京区本郷の角川本郷ビル内に角川日本文化図書資料館を開設。同12年5月に、同図書資料館を、東京・千代田区富士見の角川書店本社ビル内に移転しました。角川源義の蔵書(角川源義文庫)に、地方史誌関係図書、山本健吉文庫、外間守善文庫、竹内理三文庫、池永二郎文庫、角川書店刊行本、日本映画関係基礎資料などを加え、目下、おおよそ12万冊の図書を備えております。
現在も、図書資料館の整備作業を継続しております。

2.文芸の成果に対する授賞

蛇笏賞(昭和42年設立)

優れた句集を顕彰する。毎年6月、表彰。

詳しくはこちら

迢空賞(昭和42年設立)

優れた歌集を顕彰する。毎年6月、表彰。

詳しくはこちら

角川源義賞(昭和54年設立)

日本文学と日本史分野における研究として、優れた業績を示した個人の学術書を対象とする。毎年12月、表彰。

詳しくはこちら

角川財団学芸賞(平成15年設立)

日本の文芸・文化に関わる、優れた個人の著作を対象とする。毎年12月、表彰。

詳しくはこちら

3.助成事業について

文芸の研究、著述、刊行に対する助成事業、日本映画振興に対する助成事業を行っております。

4.文芸に関する出版物の刊行

株式会社角川書店より出版販売される書籍企画のうち、特に文化的な意義が大きく、専門的な知識経験を要する企画について、平成11年3月まで、角川書店からその編集・製作を受託し、財団内編纂室において、編集製作を行ってまいりました。 財団事務局においては現在も、ひろく一般から句集・歌集等の自費出版を受託し、編集製作をつづけております。

編集室部門で扱った出版企画の主たるもの
  • 角川日本地名大辞典(全47巻、別巻2)
  • 角川日本姓氏歴史人物大辞典(全14巻)
  • 新版古代の歴史(全10巻)
  • 平安京提要
  • 角川絵巻物総覧
  • 東京都古代中世古文書金石文集成(全4巻)
  • 飯田蛇笏集成(全7巻)
  • 古代地名大辞典
  • 竹内理三著作集(全8巻)
  • ふるさと大歳時記(全7巻、別巻1)
  • その他

当財団では、自費出版書籍の編集・製作を受託しております。原稿作成から校正・装丁立案・印刷・製本まで一切の過程を、責任をもってお引き受けいたします。
これまで句集・歌集を中心に、評論集、詩集、エッセイ集、ノンフィクション、文芸・文化に関連する研究書など、さまざまなジャンルの本づくりを手がけ、1400点あまりを世に送り出してきました。
とくに句集・歌集の分野では、俳壇・歌壇から高い評価を受けた数多の傑作が誕生し、文学賞を受賞した作品も少なくありません。

近刊書籍についてはこちらをご覧ください。

book01.jpg book02.jpg book03.jpg
主な受賞書籍
読売文学賞
川崎展宏句集『夏』、鈴木真砂女句集『都鳥』、小澤實句集『瞬間』

俳人協会賞
深見けん二句集『花鳥来』、中原道夫句集『顱頂』、鍵和田秞子句集『胡蝶』、伊藤通明句集『荒神』ほか

俳人協会評論賞
渡辺勝著『比較俳句論 日本とドイツ』、松本旭『村上鬼城研究』

詩歌文学館賞
能村登四郎句集『長嘯』、沢木欣一『眼前』、清水径子句集『雨の樹』、松崎鉄之介句集『長江』ほか

蛇笏賞
能村登四郎句集『天上華』、中村苑子句集『吟遊』、沢木欣一句集『白鳥』、飯島晴子句集『儚々』、成田千空句集『白光』、宇多喜代子句集『象』

迢空賞
前田透歌集『冬すでに過ぐ』

5.そのほかの事業

そのほか、財団ではこれまで下記のような企画を実施してまいりました。


■遣唐使船再現プロジェクト

平成21年(2009)〜平成22年(2010)5月
平成22年(2010)が「平城遷都1300年祭」にあたり、5月に上海万博が開催されることを機に、弊財団では遣唐使について学術的に検証し、併せて日中の新たな文化交流のきっかけをつくるため、当時の遣唐使船を再現しました。
再現遣唐使船は、住吉大社の神職による清祓式の後、大阪を出港し、当時の遣唐使船同様瀬戸内海と九州北部の各地に寄港しながら、五島列島、長崎まで航行、その後、中国をめざし、上海万博会場近くの埠頭に着岸、6月12日のジャパンデーには万博会場に姿を現しました。
また、遣唐使とその時代をテーマとした、日中研究者らによる「春日大社シンポジウム」、関連企画として「楊貴妃の晩餐」展などを開催いたしました。


■角川源義回顧展─オリジナリティとアイディア

平成23年(2011)6月17日〜7月31日(角川第3本社ビル)
角川源義ゆかりの写真、原稿、著書、句、美術工芸品などを展示、その生涯をたどりました。


■高山辰雄生誕100年記念特別展

平成24年(2012)6月2日〜30日(角川本社ビル)
平成24年(2012)6月26日が、日本画の最高峰である高山辰雄画伯の生誕100周年にあたることから、弊財団ならびに角川グループが所蔵する作品を中心に、「高山辰雄生誕100年記念特別展」を開催いたしました。

▲ページトップへ