財団概要

設立について

財団法人角川文化振興財団は、昭和51年(1976)2月25日に設立されました。 株式会社角川書店の創立者で、前年の50年10月に死去した同書店社長角川源義の遺志に基づいて準備が進められ、同51年2月2日、設立代表者石橋貞吉(文芸評論家 山本健吉)によって永井道雄文部大臣宛設立願いが提出され、同月25日、それが許可されたものです。
当財団発足時の所在地は、東京都千代田区富士見1-12-14。
役員は、理事長山本健吉、理事は土岐善麿、久松潜一、小林秀雄、吉田精一、井上靖、角川春樹の7名、初代事務局長は太田朝男でした。

角川源義紹介

角川源義

角川源義(かどかわ げんよし)

大正6年(1917)10月、富山県生まれ。
國學院大學文学部国文学科卒業。
俳人、中世文学および古代・中世史研究家、民俗学者。文学博士。
昭和20年(1945)11月、角川書店を創立し、以後30年間、昭和50年(1975)10月27日、58歳で没するまで社長をつとめた。
その間、角川文庫(昭和24年)、雑誌「俳句」(同27年)・「短歌」(同29年)を創刊。「昭和文学全集」「日本絵巻物全集」「図説世界文化史大系」「世界美術全集」「堀辰雄全集」「図説俳句大歳時記」「日本文学の歴史」「日本近代文学大系」「日本史探訪」「現代俳句大系」等々、時代を画し出版史に残る多くの大型企画を世に送り出し、また、日本文学・文化の研究書、文芸書、さらに俳句・短歌の分野において旺盛な出版活動を続けた。
著作としては、句集に『ロダンの首』『秋燕』『神々の宴』『冬の虹』『西行の日』(読売文学賞受賞)があり、その他、『悲劇文学の発生』『近代文学の孤独』『語り物文芸の発生』『雉子の聲』(日本エッセイスト・クラブ賞受賞)『幻の赦免船』等がある。
また、その著作は、『角川源義全集』(全5巻)『角川源義全句集』『季題別角川源義全句集』としてまとめられている(いずれも角川書店刊)。

▲ページトップへ