短歌 12月号

発売日:
2016年11月25日

特別定価:
990円(税込8%)

編集長:
石川一郎

総力特集 短歌の「読み」を考える/角川短歌賞受賞第一作三十首/31文字の扉 内藤 明×井上弘美(俳人)

今月のトピックス

総力特集 短歌の「読み」を考える

新しい歌がつぎつぎに生み出される現在の短歌界。
こんな時代だからこそ歌を読み解く力が大切なのではないでしょうか。
歌は変われど読みは変わらず。
今さら聞けない「歌の読み方」を徹底考察します。

第62回 角川短歌賞受賞第一作三十首

第62回ダブル受賞者の新作30首。佐佐木定綱「引きちぎる夜」、竹中優子「表情」。

今月の内容

総力特集 短歌の「読み」を考える

■総論 歌の「読み」の重要性
いちばんよく見えるように……大辻隆弘
■論考 短歌の「読み」の現場
詩型の呪縛……安田百合絵
■論考 短歌を「読む」喜び 技術と内容
「技術」を読むということ……染野太朗
■論考 最終的には「人間をどう読むか」か?
歌を作る視座、読む視座……伊藤一彦
■論考 若手歌人が挑戦する様々なる修辞
わからない、ではもったいない……中津昌子
■論考 「内容」と「技術」から遠く離れて
時間と祈り――『海やまのあひだ』を起点に……大森静佳
■コラム1 ロラン・バルトのテクスト論概説
「作者の死」とは何か……江田浩司
■コラム2 短歌の修辞1(上句と下句、句切れ、句割れ句跨り)
歌のかたち……内藤 明
■コラム3 短歌の修辞2(比喩、象徴、飛躍)
「ぼんぼん」のような「田んぼ」……中野昭子
■コラム4 短歌の特殊性1 散文との違い
世間話はできない……東 直子
■コラム5 短歌の特殊性2 俳句、現代詩との違い
「読み」の困惑……藤原龍一郎
■エッセイ 私が感動した「読み」
そのように表現させたもの……久我田鶴子
賢治の一首……佐藤通雅
直観批評の凄味……佐伯裕子
歌の奥行き……萩岡良博
「道徳読み」の陥穽……高木佳子
「読み」は歌のなかに……小島なお
あなたはわたしなのだから……吉岡太朗
「読み」が教えてくれたこと……伊波真人
■論考 鑑賞を超える批評とは
美学を語る……奥田亡羊


第62回 角川短歌賞受賞第一作 三十首

引きちぎる夜……佐佐木定綱/エッセイ カエルのこと
表情……竹中優子/エッセイ あきなだより
■特別寄稿
友人祝辞 笑い声の向こうに……三浦雄也
歌友祝辞 竹中さんへ……遠野 真


連載エッセイ 戦争と少女……馬場あき子

┗第8回 初空襲以後のくらし


31文字の扉―詩歌句の未来を語る(写真)永石 勝

┗第12回……内藤 明×井上弘美(俳人)


カラーグラビア「歌人の朝餉」

┗最終回……今野寿美


新連載エッセイ 平安の女友達……酒井順子

清少納言(2)


シリーズ企画

■古典この一首(12)……藤井幸子
■豊穣の時―熟年歌人の歌(12)……永平 緑
■今月の古語(12)……堀井しのぶ
■今月の花(12)……矢澤靖江
■てのひらの街(最終回)……小原奈実


角川短歌 コラムの部屋

■歌人のキャッチフレーズ(12)……後藤由紀恵
■歌びとの枕(12)……下平武治
■歌びと養生訓(12)……石井照子
■これだけは許せない!(12)……中川 昭
■もしもあのとき(12)……熊岡悠子
■私だけのスター(9)……平山良明
■結社あるある(5)……五十嵐順子


充実の作品と好評連載!

作品

【巻頭作品31首】玉井清弘・永田和宏・水原紫苑・大口玲子
【巻頭作品10首】桑原正紀・中川佐和子・真鍋正男・紀野 恵・齋藤芳生
【作品12首/7首】伊藤宏見・川涯利雄・安森敏隆・佐波洋子・戸田佳子・恩田英明・春日いづみ・糸川雅子・大崎瀬都ほか

連載

■エッセイ
「歌のある生活」60代以上の歌詠みのために 第17回 子規のリアル……島田修三
「やさしく、茂吉」 第32回 「中支戦線」の歌……秋葉四郎
「日本歌紀行」 第33回 大分……田中章義
「大学短歌会が行く!」 最終回……法政大学短歌会
「歌人の晩酌」 最終回……俵 万智
■作品連載
季節の歌(12)……花山周子

書評

久我田鶴子歌集『菜種梅雨』……棚木恒寿
恒成美代子歌集『秋光記』……富田睦子
古谷円歌集『百の手』……永田 紅
井口和榮歌集『木橋のむこう』……都築直子
永田和宏著『あの午後の椅子』……池田はるみ
■歌壇時評
私性と余白……魚村晋太郎
「私」と露悪的……佐佐木定綱
■短歌月評……島田幸典
■歌集歌書を読む……平林静代
■全国結社・歌誌展望……三井ゆき
■歌壇掲示板
■読者の声
■第65回 源実朝を偲ぶ仲秋の名月伊豆山歌会記……染野太朗

角川短歌クラブ

■誌上添削教室(最終回) 句跨りに注意を……沢口芙美

投稿歌ページ

■角川歌壇(公募短歌館改め)――巻末のハガキを使って投稿。4人の選者が選ぶ、特選、秀逸、佳作
・選者(10月号〜12月号)……久々湊盈子・三井 修・坂井修一・水原紫苑
・選者(1月号〜3月号)……来嶋靖生・沖ななも・今野寿美・一ノ関忠人
■題詠――専用用紙で投稿。今月の発表は題“野”。選者……中西洋子


編集後記/次号予告
『短歌』バックナンバー紹介
『短歌』定期購読のご案内
第3回 大学短歌バトル募集要項

今月号を購入する電子版を購入する定期購読はこちらバックナンバーはこちら

次号予告

1月号 12/24(土)発売
短歌で人生を豊かに

1月号は毎年恒例の「新春74歌人大競詠」。作品とエッセイ「私が考える良い歌とは」で2017年の本誌がスタートです。新春対談では、馬場あき子氏と俵万智氏に百人一首のおもしろさについてお話いただきます。新連載「新鋭十四首+同時W鑑賞」、コラム「うたの名言」。特別付録は歌人のための「短歌手帖」。

▲ページトップへ