短歌 4月号

発売日:
2017年3月25日

定価:
930円(税込8%)

編集長:
石川一郎

特集 短歌の条件――感動はどこにあるのか/31文字の扉 佐藤弓生×金原瑞人(翻訳家)

今月のトピックス

特集 短歌の条件――感動はどこにあるのか

始めたばかりの人にもベテランにも思い返して欲しい歌を詠む理由。 そもそも短歌は表現であり、誰かに何か伝えたいことがあったはずです。 短歌を楽しむための根源的な動機をもう一度考えてみませんか。

今月の内容

特集 短歌の条件――感動はどこにあるのか

■総論  感動とは何か……島田修三
■型、韻律  技巧における感動……高野公彦
■私性  短歌が引き受ける私とは……堀田季何
■内容、テーマ  伝えたいこと……栗木京子
■詩性、象徴  詩性が持つ情緒……坂口昌弘
■写生  そのままを詠むだけでなく……島田幸典
■エッセイ  何のために詠うのか
波汐國芳/水野昌雄/菊澤研一/田村広志/平井 弘/斉藤斎藤


巻頭エッセイ 戦争と少女……馬場あき子

┗第12回 中島飛行機に動員


31文字の扉―詩歌句の未来を語る(写真)永石 勝

┗第16回……佐藤弓生×金原瑞人(翻訳家)


連載

日本の伝統色を詠む
┗第3回 幹色……森比左志

新鋭14首+同時W鑑賞
春の雪……藪内亮輔
〈鑑賞〉桑原正紀・梅内美華子

全国結社・歌誌動向
┗短歌21世紀/短歌人/白珠/ひのくに


コラム

■うたの名言……高野公彦


追悼

追悼 稲葉京子
■橋を渡る前に……大塚寅彦
■欠けたものを「恋ふ心」……吉川宏志
■椿の館のひと……黒瀬珂瀾
■代表歌三十首……古谷智子・選


評論

死者を生きる試み――新海誠と斉藤斎藤(前編)……寺井龍哉

第3回 大学短歌バトル2017 速報

第1回 「歌ドカワ」短歌アワード発表&レポート……中島裕介


充実の作品と好評連載!

作品

【巻頭作品31首】秋葉四郎・日高堯子・時田則雄・今野寿美
【巻頭作品10首】藤岡武雄・中地俊夫・大塚寅彦・志野暁子・阿木津英
【作品12首/7首】吉村睦人・横山岩男・小畑庸子・岸上 展・林 宏匡・大塚善子・斎藤佐知子・鷲尾三枝子・本多 稜・嵯峨直樹ほか

連載

■エッセイ
「詩の点滅―現代詩としての短歌」 第47回 富山市のシンポジウム基調講演(続)……岡井 隆
「歌のある生活」 60代以上の歌詠みのために 第21回 記憶と回想詠……島田修三
「平安の女友達」 第6回 紫式部(1)……酒井順子
「やさしく、茂吉」 第36回 虚空小吟他……秋葉四郎
「日本歌紀行」 第37回 香川……田中章義
■作品連載
季節の歌(16) 2月……花山周子

書評

馬場あき子歌集『混沌の鬱』……永田 紅
橋本喜典歌集『行きて帰る』……小塩卓哉
福島泰樹歌集『哀悼』……中島裕介
雁部貞夫歌集『山雨海風』……楠 誓英
三浦冨美子歌集『四七七一』……馬場昭徳

■歌壇時評
短歌の読みを考える……松村正直
「死ね、オフィーリア、死ね(後)」……瀬戸夏子
■短歌月評I……山田富士郎
■短歌月評II……田宮朋子
■歌集歌書を読む……岩井謙一
■歌壇掲示板
■読者の声

投稿歌ページ

■角川歌壇--巻末のハガキを使って投稿。4人の選者が選ぶ、特選、秀逸、佳作
・選者(4月号〜6月号)……前川佐重郎・大島史洋・古谷智子・花山多佳子
・選者(7月号〜9月号)……安田純生・香川ヒサ・米川千嘉子・吉川宏志
■題詠--専用用紙で投稿。今月の発表は題“蕎麦”。選者……久々湊盈子


編集後記/次号予告
『短歌』バックナンバー紹介
『短歌』定期購読のご案内
第63回 角川短歌賞応募規定

今月号を購入する電子版を購入する定期購読はこちらバックナンバーはこちら

次号予告

5月号 4/25(火)発売
短歌で人生を豊かに

5月号は特集「平成短歌の考察」。鼎談「バブルと短歌」では、平成のバブル景気が短歌にどのような影響を与えたのか、松平盟子、坂井修一、松村正直の3氏が考察します。また、平成元年生まれの歌人、大森静佳、藪内亮輔、吉田隼人氏の新作29首も予定。30年目を前にして、平成という時代を振り返ります。

▲ページトップへ