短歌 6月号

発売日:
2016年5月25日

定価:
930円(税込8%)

編集長:
石川一郎

特集 加齢への挑戦/第50回迢空賞発表/31文字の扉 栗木京子×片山由美子(俳人)

今月のトピックス

特集 加齢への挑戦 70・80代の歌

まだまだ元気いっぱいの70代、80代歌人。人生経験を活かす短歌の作り方とは。高齢化が進む歌壇の進むべき方向を考えます。

第50回 迢空賞発表

第50回迢空賞は大島史洋氏歌集『ふくろう』。受賞のことばのほかミニインタビュー、50首抄、各選考委員の選評をお伝えします。
今月の内容

特集 加齢への挑戦 70・80代の歌

■総論
【こだわりたいこと】新聞歌壇への投稿……玉井清弘
■作歌指南
【孫歌を名歌にするために】「孫」にこだわらず……花山多佳子
■座談会
自分を積み重ねる……大下一真・藤島秀憲・小島なお
■論考
【素材の見つけ方】森の探訪者――私への回帰……岩田 正
【佐藤佐太郎の老境時の作歌法】作品に「老い」が輝く……秋葉四郎
【「老いの歌」の歴史】悔恨と孤独の昇華……大辻隆弘
■エッセイ「人生は苦い? 面白い?」
まあまあ、そこそこ……松川洋子
短歌のある人生のおもしろさ……石橋妙子
作歌75周年を迎えて……上川原紀人
諦めに遠く……小林サダ子
70代・80代の名歌……山田 航・選


巻頭エッセイ 戦争と少女……馬場あき子

┗第2回……代用食


31文字の扉―詩歌句の未来を語る(写真)永石 勝

┗第6回……栗木京子×片山由美子(俳人)


カラーグラビア「歌人の朝餉」

┗第18回……橋本喜典


第50回迢空賞発表

■受賞のことば……大島史洋
■ミニインタビュー
■歌集『ふくろう』50首抄
■選考委員選評
岡野弘彦/佐佐木幸綱/高野公彦/馬場あき子


シリーズ企画

■古典この一首(6)……片岡 明
■豊穣の時―熟年歌人の歌(6)……佐保田芳訓
■今月の古語(6)……宮田宏輔
■今月の花(6)……小原文子
■てのひらの街(18)……碧野みちる


角川短歌 コラムの部屋

■歌人のキャッチフレーズ(6)……辻井竜一
■歌びとの枕(6)……佐田公子
■書かれなかった手紙(6)……久保田登
■歌びと養生訓(6)……林田恒浩
■これだけは許せない(6)……福井和子
■もしもあのとき(6)……前川斎子
■私だけのスター(3)……藤原龍一郎


充実の作品と好評連載!

作品

【巻頭作品31首】篠 弘・福島泰樹・沖ななも・日高堯子
【巻頭作品10首】石川恭子・大河原惇行・沢口芙美・阿木津英・横山未来子
【作品12首/7首】比嘉美智子・大平修身・西海隆子・岸本節子・光本恵子・鵜飼康東・光栄堯夫・久我田鶴子・奥田亡羊・永田紅ほか

連載

■評論
「詩の点滅―現代詩としての短歌」 第38回 島田幸典の『駅程』を読む……岡井 隆
■エッセイ
「歌のある生活」60代以上の歌詠みのために 第11回 再び、心物対応……島田修三
「やさしく、茂吉」 第26回 茂吉の最後の旅VIII……秋葉四郎
「ハナモゲラ短歌」 最終回 大和言葉とハナモゲラ……笹 公人
「日本歌紀行」 第27回 宮城……田中章義
「大学短歌会が行く!」 第14回……ここのつ短歌会
「歌人の晩酌」 第12回……香川ヒサ
■作品連載
季節の歌(6)……花山周子

書評

福島泰樹歌集『空襲ノ歌』……大島史洋
上村典子歌集『天花』……馬場昭徳
大野道夫歌集『秋意』……加藤英彦
千種創一歌集『砂丘律』……黒瀬珂瀾
大辻隆弘著『近代短歌の範型』……大森静佳
山田航著『桜前線開架宣言』……平井 弘
永平緑著『太田絢子百珠逍遥』……千々和久幸
■歌壇時評
在ることをめぐって……中津昌子
短歌総合誌について私が不満におもっていること……阿波野巧也
■短歌月評……柳 宣宏
■歌集歌書を読む……恒成美代子
■全国結社・歌誌展望……小畑庸子
■歌壇掲示板
■読者の声

投稿歌ページ

■角川歌壇(公募短歌館改め)――巻末のハガキを使って投稿。4人の選者が選ぶ、特選、秀逸、佳作
・選者(7月号〜9月号)……外塚 喬・秋山佐和子・内藤 明・田宮朋子
・選者(10月号〜12月号)……秋葉四郎・沢口芙美・伊藤一彦・佐伯裕子
■題詠――専用用紙で投稿。今月の発表は題“鍵”。選者……古谷智子


編集後記/次号予告
『短歌』バックナンバー紹介
『短歌』定期購読のご案内

今月号を購入する電子版を購入する定期購読はこちらバックナンバーはこちら
次号予告

7月号 6/24(金)発売
短歌で人生を豊かに

7月号の特集は21世紀の『サラダ記念日』。短歌史を変えたといっても過言ではない「サラダ記念日」と俵万智。発表から30年経ったいま、改めてその意義を問います。

▲ページトップへ