角川短歌賞

第66回作品募集締切ました。
角川短歌賞とは 受賞者一覧

角川短歌賞とは

角川短歌賞は、歌壇に新しい開花をもたらす才能の発掘を目的として、昭和30年、角川書店により創設されました。以来、新人の登竜門として、短歌に志を持つ人々の目標とされ続けています。昭和61年第32回の受賞者俵万智氏は、短歌の世界に口語を自在に取り入れ一大センセーションを巻き起こし、平成16年第50回は、現役の高校生である小島なお氏が受賞し話題となりました。受賞者のその後の活躍はもちろんのこと、次席、候補作に選ばれた人の中からも、短歌界をリードする多彩な人材を輩出し続けています。

角川短歌賞は、未発表作品50首一連の応募作品を対象に受賞作を決定。60余年の歴史を経て、現在は角川文化振興財団主催のもとに、歌壇で最も権威のある新人賞として高い評価を得ています。

募集締切は5月末日、授賞の決定は8月、『短歌』11月号誌上にて受賞作品、受賞のことば、選考経過等を掲載、賞の贈呈式は1月に開催しています。

第66回選考委員

  • 松平盟子
    松平盟子
  • 俵万智
    俵万智
  • 坂井修一
    坂井修一
  • 藪内亮輔
    藪内亮輔

第66回募集要項

  • 選考委員

    松平盟子/俵万智/坂井修一/藪内亮輔

  • 募集作品

    未発表短歌50首

    • 既発表作品が含まれている場合は入選を取り消すことがあります。(既発表作品には、新聞・雑誌・結社誌・同人誌のほか、ホームページやSNS等に掲載された作品を含みます)。
    • 原稿用紙B4判(400字詰)、印字する場合もB4判用紙を使用し、縦書きで1枚に10首以内。
    • 作品の冒頭には表題と氏名を明記してクリップで綴じてください。
    • 作品とは別に下記(1)〜(6)をB4判用紙に記して同封してください。
      (1)作品表題
      (2)本名・筆名
      (3)所属誌・略歌歴
      (4)生年月日(和暦)・年齢・性別
      (5)職業
      (6)郵便番号・住所・電話番号
    • 応募作品は1人1篇(50首)に限ります。原稿の返却、訂正、お問い合わせには応じかねます。
    • 受賞作品の雑誌掲載権は主催者(角川文化振興財団)に帰属します。

     

    ※個人情報は、受賞者への通知のほかに、個人を識別できない形で統計資料作成に利用させていただきます

  • 締切

    募集を締め切りました。
    多数のご応募、ありがとうございました。

  • 選考方法

    編集部による予選通過作品(30篇前後)を無記名のプリント刷りとし、第66回担当の4選考委員が合議のうえ受賞作品を決定します

  • 賞状、記念品ならびに副賞30万円

  • 発表

    『短歌』2020年11月号(10月25日発売予定)誌上

  • 宛先

    〒102-0071
    東京都千代田区富士見1-12-15
    角川文化振興財団『短歌』編集部
    ※封筒には必ず「角川短歌賞応募作品」と朱書きしてください。