俳句 3月号

発売日:
2019年2月25日

定価:920円(税込8%)

編集長:
立木成芳

大特集 暗誦したい春の名句136/【永久保存版】俳人「超」大アンケート「俳句とは○○のようなものである」

今月のトピックス

●日本の鳥たち[燕(つばめ)]

「ツバメ」は春の訪れを告げる季節の風物詩。南方から渡って来ると、泥や枯れ草を運んで人家の軒先などに営巣します。細見綾子は〈つばめつばめ泥が好きなる燕かな〉と詠んでいます。万葉の時代から詠まれ、また「飛燕」や「燕返し」などの言葉が生まれていることからも、人々に長く愛されてきたことがわかります。

●大特集 暗誦したい春の名句136

五七五、切れといった俳句独特の「型」を学ぶには、名句に触れ、そのリズムを身体で覚えることが大切。総論で津川絵理子氏は「暗誦は目的ではなく、俳句を味わうための手立て」と言います。 本特集では、思わず口ずさみたくなる「春」の名句136句を全句ふりがな付きで紹介!声に出して読みながら調べの感覚を磨くことで、実作への手がかりとしましょう。

●【永久保存版】俳人「超」大アンケート「俳句とは○○のようなものである」

俳句を、10文字以内で何かに喩えていただく大アンケートを実施。俳人約2300名にアンケートを送付し、1200名から回答をいただきました。唸ってしまう名回答から、思わずニヤリの珍回答、さらに難解極まる哲学的回答まで、バラエティに富んだ回答の数々から、俳句の本質が見えてくる!?

 

今月の内容

大特集 暗誦したい春の名句136

●総論 俳句を味わうために
●テーマ別 暗誦したい春の名句
「花」「天」「地」「時」「心」「命」「食」「U50(50歳未満の作者の俳句)」

〈執筆陣〉
津川絵理子
西山 睦/伊藤伊那男/山崎祐子/細谷喨々/高橋将夫/上田日差子/水田光雄/甲斐由起子


【永久保存版】特別企画 俳人「超」大アンケート「俳句とは○○のようなものである」

総勢1200名の回答から、俳句の本質が見えてくる!?


第7回 星野立子賞 発表

●星野立子賞......『水瓶』対中いずみ
【選評】宮坂静生/黒田杏子/西村和子/小澤 實/星野 椿
●星野立子新人賞......「去りぎは」小野あらた/「聖五月の懺悔」冨士原志奈
【選考委員】岸本尚毅・中西夕紀・星野高士


《日本の俳人100》

三村純也句集『一』特集

新作7句「松の内」/俳句とわたし/自選20句抄 ...三村純也
三村純也の人と作品......櫂未知子
一句鑑賞......山田閏子・橋本榮治・日原 傳・西山ゆりこ


第15回 鬼貫青春俳句大賞

受賞作品30句「まるい輪郭」......田邉恭子
【選考委員】稲畑廣太郎/塩見恵介/山本純子/徐 彰宣/岡田 麗


第13回 角川全国俳句大賞発表

選考委員......有馬朗人/茨木和生/宇多喜代子/鍵和田秞子/黒田杏子/高野ムツオ/
西村和子/正木ゆう子/三村純也/宮坂静生/井上弘美/髙柳克弘


充実の作品と好評連載!

●特別作品50句......宮坂静生

●特別作品21句......黛 執/大牧 広

●作品16句......辻 桃子/加古宗也/仲 寒蟬

●作品8句......今井千鶴子/桑原まさ子/池田琴線女/阪田昭風/大輪靖宏/伊藤政美

●作品12句......松野苑子/伊藤 眠/黒澤あき緒/川島 葵/名取里美


好評連載!

●弘美の名句発掘<最終回>......井上弘美
●宇宙のなかの孤独―近代人一茶......大谷弘至
●男のドラマ 女のドラマ......黒澤麻生子
●名言のウラ側(飯島晴子)<最終回>......岩井英雅
●虚子式・俳句上達法! 埋字で学ぶ五・七・五......岸本尚毅
●現代俳句時評......神野紗希
●結社誌全読破マラソン......生駒大祐
●合評鼎談......西村和子・佐藤郁良・鴇田智哉
●平成俳壇[題詠][雑詠]発表!

今月号を購入する電子版を購入する定期購読はこちらバックナンバーはこちら
次号予告

4月号 3月25日(月)発売

次号は、大特集「没後60年 高浜虚子の魅力」を予定。ほか、俳人協会各賞受賞第一作、さらに新連載も2本スタート。見逃せないラインナップです。

▲ページトップへ