お知らせ詳細

「角川源義生誕100年記念 特別講演」(事前予約制)開催のお知らせ

2017年09月25日

角川源義生誕100年を記念して、特別講演を開催します。
事業家の本領を超えて、学者、俳人としても旺盛な活動を続けた源義の独創性と今日的意義を、「学問」「俳句」「出版」の三部構成で検証します。


◆日時:2017年10月30日(月) 午後6時30分〜8時30分
◆会場:神楽座(東京都千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA富士見ビル1階)
◆参加費:無料  定員100名(事前予約制)
◆申込み:10月2日(月)午前10時より受付開始(平日:午前10時〜午後6時)
TEL03-5211-5155(角川文化振興財団)まで
◆主催:カドカワ株式会社
◆共催:一般財団法人 角川文化振興財団


【講演内容】
I「学問」―「悲劇文学の発生」の読み方  三浦佑之(日本文学者、千葉大学名誉教授)
源義の記念碑的論文「悲劇文学の発生」をわかりやすく読み解き、研究の今日的意義を探り、神話と伝承の歴史的意味に迫ります。
参考図書:『悲劇文学の発生・まぼろしの豪族和邇氏』(角川ソフィア文庫)
II「俳句」―『おくのほそ道』と源義の俳句  高野ムツオ(俳人、「子熊座」主宰)
松島、出羽三山など『おくのほそ道』に縁のある土地に何度も足を運び、源義は「不易流行」の精神を学びました。『おくのほそ道』の文学的魅力と源義の俳句世界について考察します。
III「出版」―学究の徒から出版の道への決断  角川歴彦
研究者の道をめざした源義ですが、第二大戦敗戦後、日本の荒廃を目にして出版を志します。卓越した企画力と粘り強さで、昭和史に残る出版物を世に送り出した出版人としての独創性について語ります。

生誕100年記念 「角川源義展 一身にして三生を生きる」開催のお知らせ

2017年09月25日

「本年は源義生誕100年である。学者、俳人、事業家の本領を超えて活躍し、ニッポンの出版文化に目覚ましい一時代を刻印した58年の熱き生涯を、我らの先達として今こそ振り返ろうではないか」角川歴彦


角川源義(1917‐1975)は、1945年に角川書店を創業。第二次世界大戦の敗戦後、日本の荒廃を目にして出版を志しました。1949年には角川文庫を創刊。巻末の辞で、源義はこれからの日本文化の創造と伝統文化の再構築を宣言しており、その精神はいまも若い読者の心を打ち、読み継がれています。そのほか、雑誌『俳句』『短歌』の創刊や、『昭和文学全集』や『図説世界文化史大系』をはじめ、時代を画す大型企画を次々と世に送り出して参りました。
本展では、事業家の本領を超えて、学者、俳人としても旺盛な活動を続けた源義の先見性に富む業績の数々をご紹介します。
皆様のご来場を一同心よりお待ちしております。


◆開催期間:2017年10月23日(月)〜11月10日(金)
◆開館時間:平日午前11時〜午後5時(入場は午後4時30分まで)
      土・日・祝日は休館
◆会場:角川本社ビル2階ホール(東京都千代田区富士見1‐12‐15)
◆入場料:無料
◆主催:カドカワ株式会社
◆共催:一般財団法人 角川文化振興財団
◆問い合わせ:TEL03‐5211‐5155(角川文化振興財団)


なお、会期中の10月30日(月)に、記念の特別講演を「学問」「俳句」「出版」の三部構成で開催いたします。講師に、日本文学者の三浦佑之氏、俳人の高野ムツオ氏、角川歴彦を予定しております。
予約受付開始:10月2日(月)午前10時より(平日:午前10時〜午後6時)
TEL03-5211-5155(角川文化振興財団)まで
特別講演の詳細はこちら

【締切迫る!】第12回角川全国俳句大賞・第9回角川全国短歌大賞

2017年09月25日

第12回角川全国俳句大賞・第9回角川全国短歌大賞の締切が間近となりました。
作品は9月30日まで募集しています。
皆様、お早めにご投稿ください。


ご応募・詳細は下記URLへ。
第12回角川全国俳句大賞】【第9回角川全国短歌大賞

角川源義賞・角川財団学芸賞 選考会開催のお知らせ

2017年09月20日

弊財団主催の「角川源義賞」「角川財団学芸賞」の選考委員会開催の日程をお知らせいたします。


第39回 角川源義賞 選考委員会
〔歴史研究部門〕
日時:2017年10月12日(木曜日)午後5時より
選考委員:石上英一 黒田日出男 藤井讓治 三谷 博(新任) [敬称略/50音順]


〔文学研究部門〕
日時:2017年10月18日(水曜日)午後6時より
選考委員:安藤 宏 揖斐 高 原岡文子 三浦佑之 [敬称略/50音順]
会場:〔歴史〕〔文学〕両部門とも、ホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)


第15回 角川財団学芸賞 選考委員会
日時:2016年10月26日(木曜日)午後3時30分より
選考委員:鹿島 茂 佐藤 優 松岡正剛 山折哲雄 [敬称略/50音順]
会場:ホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)


*「第15回 角川財団学芸賞」候補作は、下記の3点です。(著者50音順)


遠藤慶太氏『六国史─日本書紀に始まる古代の「正史」』(中央公論新社刊)
平山 優氏『武田氏滅亡』(KADOKAWA刊)
松居竜五氏『南方熊楠─複眼の学問構想』(慶應義塾大学出版会刊)


◆選考結果は、角川源義賞〔歴史〕〔文学〕両部門は10月19日(木曜日)に、角川財団学芸賞は10月27日(金曜日)にお知らせいたします。

【決定のお知らせ】第63回角川俳句賞

2017年09月06日

第63回角川俳句賞は、8月31日(木)に、東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにおいて選考会を行い、下記の通り受賞作が決定いたしました。


月野ぽぽな「人のかたち」(50句)


◇選考委員:仁平勝・正木ゆう子・小澤實・岸本尚毅(敬称略)

◇贈呈式は、2018年1月23日(火)、東京・千代田区丸の内のパレスホテル東京にて、第63回角川短歌賞と同時開催いたします。
◇表彰は、賞状・記念品ならびに副賞30万円。


【受賞者略歴】
月野ぽぽな(つきの ぽぽな)氏
昭和40年長野県上伊那郡箕輪町生まれ。
俳歴15年。「海程」所属、金子兜太に師事。第28回現代俳句新人賞、第8回海外日系文芸祭海外日系新聞放送協会会長賞受賞。


選考委員選評など詳細は、10月25日発売の『俳句』11月号(角川文化振興財団発行;KADOKAWA発売)に掲載の予定です。

【決定のお知らせ】第63回角川短歌賞

2017年09月06日

第63回角川短歌賞は、8月31日(木)に、東京・飯田橋の如水会館において選考会を行い、下記の通り受賞作が決定いたしました。


睦月 都「十七月の娘たち」(50首)


◇選考委員:伊藤一彦・永田和宏・小池光・東直子(敬称略)

◇贈呈式は、2018年1月23日(火)、東京・千代田区丸の内のパレスホテル東京にて、第63回角川俳句賞贈呈式と同時開催いたします。
◇表彰は、賞状・記念品ならびに副賞30万円。


【受賞者略歴】
睦月 都(むつき みやこ)氏
平成3年、東京都生まれ。26歳。「かばん」所属。


選考委員選評など詳細は、10月25日発売の『短歌』11月号(角川文化振興財団発行;KADOKAWA発売)に掲載の予定です。