お知らせ詳細

【決定のお知らせ】第54回蛇笏賞

2020年04月20日

第54回蛇笏賞は、2020年4月17日に新型コロナウィルス感染予防対策としてインターネット(Skype)を介したテレビ会議にて開催し、下記の通り受賞作が決定いたしました。

選考委員選評など詳細は、5月25日発売の『俳句』6月号(角川文化振興財団発行;KADOKAWA発売)に掲載の予定です。


第54回蛇笏賞

柿本多映 氏

句集『柿本多映俳句集成』(2019年3月 深夜叢書社刊)



◇選考委員

片山由美子・高野ムツオ・高橋睦郎・長谷川 櫂(敬称略/50音順)

◇贈呈式

2020年6月26日(金曜日)午後1時から、ホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)にて「第54回迢空賞贈呈式」と併せて開催する予定ですが、中止または延期する場合は、決まり次第お知らせいたします。

◇表彰

賞状・記念品ならびに副賞100万円


◇受賞者略歴

柿本多映(かきもと たえ)氏

1928年、滋賀県生まれ。

実家は寺院の園城寺(三井寺)。京都女子専門学校(現・京都女子大学)卒業。当初は短歌に携わるが、1951年の結婚を機に作歌から遠ざかる。1976年、西部大津教室にて句作を開始。1977年、赤尾兜子の『渦』入会。1981年に兜子が没してのちは橋■(門に月)石、桂信子に師事。『草苑』『白燕』『犀』同人を経て、現在は無所属。現代俳句協会名誉会員、日本ペンクラブ会員、日本現代詩歌文学館評議員。

1988年、第35回現代俳句協会賞。2014年、第29回詩歌文学館賞。

句集に、『夢谷』『蝶日』『花石』『白體』『肅祭』『仮生』ほか。

著書に、『時の襞から』『季の時空へ』など。

 

  

TV会議にて選考中の委員諸氏。

【決定のお知らせ】第54回迢空賞

2020年04月20日

第54回迢空賞は、2020年4月15日に新型コロナウィルス感染予防対策としてインターネット(Skype)を介したテレビ会議にて開催し、下記の通り受賞作が決定いたしました。
選考委員選評など詳細は、5月25日発売の『短歌』6月号(角川文化振興財団発行;KADOKAWA発売)に掲載の予定です。


第54回迢空賞

三枝昂之 

歌集『遅速あり』(2019年4月 砂子屋書房刊)


 

◇選考委員
岡野弘彦・佐佐木幸綱・高野公彦・馬場あき子(敬称略/50音順)

◇贈呈式
2020年6月26日(金曜日)午後1時から、
ホテルメトロポリタンエドモント(東京・飯田橋)にて「第54回蛇笏賞贈呈式」と併せて開催する予定ですが、中止または延期する場合は、決まり次第お知らせいたします。

◇表彰
賞状・記念品ならびに副賞100万円

 

◇受賞者略歴
三枝昂之(さいぐさ たかゆき)氏
1944年、山梨県生まれ。

早稲田大学高等学院進学とともに甲府から上京。弟浩樹とともに歌誌「沃野」に入会し、植松寿樹に師事。早稲田大学入学と同時に早稲田大学短歌会に入会し、佐佐木幸綱や福島泰樹と知り合う。早稲田大学政治経済学部卒業後、都立高校の社会科教師となり、初任校で先輩教諭だった馬場あき子と交友を深める。1969年、福島泰樹、伊藤一彦、三枝浩樹らと共に「反措定」を創刊。1978年に馬場あき子主宰の結社誌「かりん」に入会。1992年には三枝浩樹、今野寿美と共に歌誌『りとむ』を創刊、主宰。日本歌人クラブ会長。山梨県立文学館館長。宮中歌会始選者。
2002年、第7回若山牧水賞。2006年、第14回やまなし文学賞、第17回斎藤茂吉短歌文学賞、第56回芸術選奨文部科学大臣賞(評論その他部門)、第4回日本歌人クラブ評論賞、第4回角川財団学芸賞。2009年、第32回現代短歌大賞。2010年、第59回神奈川文化賞。2011年、紫綬褒章。
歌集に、『やさしき志士達の世界へ』『水の覇権』『地の燠』『暦学』『塔と季節の物語』『太郎次郎の東歌』『甲州百目』『農鳥』『天目』『世界をのぞむ家』『上弦下弦』ほか。

著書に、『現代定型論 気象の帯、夢の地核』『うたの水脈』『昭和短歌の精神史』ほか。

図書施設の臨時休館につきまして

2020年04月15日

コロナ禍による緊急事態宣言を受けた取り組みの一環として、4/16(木)から当面の間、角川日本文化図書資料館と角川ライブラリーを臨時休館いたします。

利用される皆さまならびにスタッフの健康と安全を考慮したものでございますので、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


※休館期間中に返却期限を迎えてしまう貸出図書については弊館にて自動延長の手続きを取らせていただきます。角川ライブラリーが開館してから8日後までにご返却をお願いします。